海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

マルティニークのビーチでクレオール料理、初体験!

さて、ダイヤモンド・ロックのビュースポットにやってきました。
マルティニーク島は火山地帯なので、この岩はマグマの隆起によって形成されたようです。この小さな岩は、軍事上、重要な拠点でした。ナポレオンがヨーロッパ大陸を制覇していた頃に、イギリス海軍制海権を握っていたため、1804年、フランス領マルティニクに付属するこのダイヤモンド・ロックに上陸したのを知ると、砲撃を加えてイギリス海軍を排除することに成功したのです。

f:id:S_tabearukirecipe:20180712224113j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224256j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224118j:image

さらに西側に進み、Grande Anse D'Arlet という海岸にやってきました。
ビーチの目の前にある小さな教会!
教会もなんとなくカラフルで可愛い感じです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224128j:image

中の感じも明るい!!
フランスの教会とは全然雰囲気が違います。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224048j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224031j:image

さて、目の前のビーチはこんな感じ。
ヤシの木陰が自然の影を作っていて、風も吹いているのでそれほど暑くはありません。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224124j:image

地元の人に加えて、本土からたくさんのフランス人がバカンスに訪れていました。

マルティニーク島では、東側の海岸は、ブラジルから流れてくる大量の海藻によって被害を受けていて、泳げないビーチもいくつもあるそうですが、この西側は海藻もなく本当に綺麗です。そして、ここは有数のシュノーケリングのスポット!
波もほとんどないので、そのままシュノーケルを装着して沖の方まで行くと、さまざまな魚を肉眼で見ることができます!!
これまでで一番いろいろな種類の、そしてたくさんの魚を見ました~。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224054j:image

シュノーケリングの後は、立派なヤシの木の下で、しばし昼寝~。
最高です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224025j:image

お腹が空いたので、ビーチにあるレストランで食事です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224035j:image

値段的には、観光地なのでパリと変わらないくらいです。こんなプレハブみたいなレストランにしては結構高いですよね。マルティニークは離島なので、基本的に島で自給できる食料以外は、フランス国内よりも高くなります。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224142j:image

せっかくなので、地元のクレオール料理を食べてみることにしました。
クレオール料理というと、アメリカ・ルイジアナ州ケイジャン料理が有名ですが、フランスでは海外県のマルティニークグアドループなどのカリブ海&インド洋の島々の料理を指します。

まずは、Accras Morueという地元のスナックから。
こちらはタイの身をすり潰したものに衣をつけて油で揚げたもの。
隣にある赤いソースは辛くはありません。結構美味しい。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224103j:image

こちらはAccrasですが、魚ではなく野菜を揚げたもの。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224309j:image

これはBoudinsという血のソーセージ。スパイスを効かしてはいますが、ちょっと気持ち悪い味です。内臓系や血を使った料理に馴染みのない日本人には、かなりキツいと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224059j:image

これは魚のグリル。クレオール独特の玉ねぎとトマトと柑橘系のソースをかけて食べます。うーん、あんまり味がありませんね。ソースもタイ料理みたいに辛かったり、ニンニクが効いているわけではなく、なんともパンチのない味。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224108j:image

そして付け合わせにはクレオール料理でよく食べられる甘くない緑色のバナナ(Tinain)とレンズ豆の煮込みがついてきました。
これもまたパンチのない味。。。塩も薄かったので、たっぷりと塩、コショウをして食べましたが、うーん??という感じ。
たまたまこのレストランが美味しくないだけなのかもしれないので、引き続き挑戦してみます。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712224136j:image

ところで、明日からヨットでのクルージングの旅が始まります。
クルージング中は、Wifiが届かないので、本ブログは一週間ほどお休みにさせて頂きます。クルージングの様子は、またブログにアップしますので、お楽しみに~♪

カリブ海のフランス、マルティニークでバカンス

ちょっと早いですが、フランス人のメインイベント、夏のバカンスの時期がやってきました。子供たちの学校は7月、8月の2か月が休みになるので、この時期に2週間、3週間、長い人は4週間ものバカンスを取ります(笑
4週間って一月ですよ!!日本では信じられないことですね。しかも冬もクリスマスに2週間のバカンスがあるし。フランスで働く人は本当に恵まれています。

うちも他にもれなく、3週間のバカンスの始まりです。今年はフランスの海外県、カリブ海にあるマルティニーク島で過ごすことになりました。
パリから直行便で8時間、やってきました~。空港はフランス人だらけ。まあフランス領内なんだから当たり前なんですけど。

f:id:S_tabearukirecipe:20180712223634j:image

島の様子はハワイに似ています。木の感じもトロピカル♪
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223617j:image

景色も最高です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223504j:image

島の南側にあるダイヤモンド岩が見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223519j:image

今回は、最初は、マルティニークの南側のエアビーアンドビーに宿泊。
そして、1週間クルーザーの旅で周辺の島々を回ります。
最後は北側のリゾートホテルに宿泊することになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223512j:image

エアビーアンドビーで借りたお家です。小さなジャグジープールがついていて、とっても素敵なお家です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223526j:image

ハンモックもあるし、外には広いテラスとテーブルがあって、外でご飯が食べられます。このお家のオーナーがすごく良い人で、私たちの到着時間に合わせてピザを焼いて待っていてくれました。しかも、地元のラム酒をふるまってくれるし、至れり尽くせり。そして外でピサをつまみながら、島の情報を教えてくれます。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223625j:image

さっそく島探検に出発です。宿泊地は島の南ですが、ここから車で西側の海岸に向かいます。

途中にあったメモリアル・キャップ110。

ここは1830年、奴隷船がこの地に訪れた際、船は沈みかけていたのですが、誰にも助けられないまま沈んでしまい、46人の奴隷商人が命を落としました。その後、彼らの遺体はこの地に埋葬され、残されました。
悲しい植民地時代を物語る出来事です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223639j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223630j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20180712223621j:image

パリ19区のエチオピアレストランで格安ランチビュッフェ

語学学校のランチ会で食べたアフリカ料理が美味しかったので、パリでエチオピア料理を食べようということで、友達とやってきました。
最初に行ったお店は残念ながら定休日だったので(涙、その後、グーグルマップで探したお店がこちら。

Restaurant Itegue Taituという、パリ19区のメトロJaures駅から徒歩3分のところにあるエチオピア料理のレストランです。

パリの中心地から離れていることもあって、観光客はほとんどいません。ひっそりとした道の角にありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20180626233048j:image
店内は明るくて結構広い。
でも、この日はお天気で外も気持ちいいので、外席で食べることにしました。
ランチタイムは、エチオピア料理のビュッフェです。しかも食べ放題で12€。かなり安いと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20180626233044j:image

店内のデコレーション。
エチオピアはそういえばキリスト教国なんですよね。
エンジェルの顔が黒人の顔になっているのが、おもしろいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180626233201j:image

盛り付けはイマイチですが、煮込み野菜がたくさんあって、その他、ミートソースのようなお肉のソースが二種類(辛くないです)、それからクレープのような薄い生地があります。これは酸味が強くて、ソースをつけて食べます。そして薄いけど、けっこうお腹にたまります。どれもとっても美味しかった!!これで12€はおすすめです。
もちろん、この後ももう1回美味しかったものを取りに行っちゃいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20180626233055j:image

こちらはエチオピアのビール。味は普通のビール。
f:id:S_tabearukirecipe:20180626233207j:image

最後はエチオピアコーヒーでシメです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180626233218j:image

なかなか面白い体験ができます。よかったら行ってみてください。

www.tripadvisor.jp

自家製フォアグラのテリーヌ

フランス料理の代表といえばフォアグラ!というくらいフランス人に親しまれているフォアグラのテリーヌですが、フランス人の友人が自宅で作るというので、ぜひその過程を見せてもらうことにしました。

日本ではなかなか手に入りにくいと思いますが、最近はフランスの冷凍食品店ピカールも進出したことですし、もし手に入ったらやってみてください。

こちらはピカールで購入したフォアグラ。
友人によると、クリスマスやイースターなどのイベントの前にはマルシェやお肉屋さんで手に入るけれど、自分でフォアグラの中に無数に入っている血管を取り除かないといけないんです。これが慣れていない人には結構難しい。
ということで、ピカールのこちらはもう血管が抜いてあるので簡単ですね。
今回はこの400gのものを使用します。

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203600j:image

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203523j:image

フォアグラの中開いて半分に切ります。

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203526j:image

薄めの塊にしたら、塩はフォアグラの10g、砂糖2g、コショウ3gを振りかけます。お酒を入れる場合にはポルト酒やブランデーなどを入れますが、今日は子供も食べられるようにお酒なしのバージョンで作ります。

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203529j:image

小さめのテリーヌ型にフォアグラを隙間なく敷き詰めます。上側に綺麗な面が見えるようにします。

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203530j:image

蓋をしてオーブンで湯せん焼きにします。
天板にキッチンペーパーか布巾をしいて、お湯をはり、90~100度のオーブンで20分から40分。フォアグラの中心部を温度計ではかり、45度くらいのところで出します。予熱でさらに上がるので、最終的に45~50度くらいになったらオッケーです。

取り出すとこんな感じです。ここで出てきた脂は、スプーンなどですくって、別のボウルなどに取っておきます(これも後で使うので捨てません)。
テリーヌの上に密封するようにラップをして、重しをして冷蔵庫に入れて3,4時間おきます。

f:id:S_tabearukirecipe:20180417203533j:image
よく冷めたら、別に取り分けておいた脂を上から流しいれて、また冷蔵庫で一晩おきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20180417203534j:image

一晩置いたのがこちら。上の脂が固まっています。これはフォアグラのテリーヌが空気に触れるのを防いでくれます。
この状態になっていれば、冷蔵庫の1週間くらいはもつそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20180504232309j:image

切り分けてお皿にのせて完成です。

f:id:S_tabearukirecipe:20180504232403j:image

食べてみると、すごーく美味しい。
ちょっと時間はかかるけど簡単なので、今度は家でつくってみようと思います。

パリの和食レストラン きよ水でディナー

さて、この日は誕生日を祝うため、パリの和食レストラン『きよ水』にやってきました。ここは友達のおススメの場所で、一度来てみたいと思っていましたが、ランチでも40€程度、夜のコースは70€からということで、ちょっとお高いのでなかなか来れずにいました(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20180710013843j:image

さて、この日はお鍋のコースもありましたが、お鍋という気分でもなかったので、アラカルトで注文することにしました。
まずは天ぷらの盛り合わせ。
メニューの写真を撮り忘れたので、正確な値段は覚えていませんが、一品平均30€くらいでした。
天ぷらは、日本の天ぷら専門店に比べるとやや劣りますが、パリで食べるなら十分な品質だと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20180710013834j:image

お刺身とお寿司の盛り合わせ。
これも40€くらいしたと思います。でも美味しかった。
マグロは大トロ、中トロ、赤身とあって、これはシェフが自ら、職人専用の市場に買い出しに行って、マグロを丸ごと仕入れてきて、お店でさばいているんだそうです。
他にもハマチやスズキなども美味しかった。そしてアナゴ~♪
日本では当たり前に食べられる寿司ネタも、パリではサーモンと赤身のマグロくらいしかないので、こんなにいろいろな種類があると本当に嬉しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180710013827j:image

しかもこの日は鯵があったので、鯵の握りを頼みました。うん、日本のお寿司屋さんで食べているみたいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180710013831j:image

そして、この日一番感激したのが、こちらの銀だらの西京焼き。
これ、脂がのっていて、また西京焼きに味付けが最高で、超美味しかったです。
これなら、少し高くても食べる価値はありますね。

f:id:S_tabearukirecipe:20180710013822j:image

さらにデザートは、桃のムース、ジャスミンティーのジュレがけ。
そして、お誕生日なのでキャンドルもつけてもらいました~!わーい。
f:id:S_tabearukirecipe:20180710013837j:image

さらに日本酒などを頼んだので、合計は160€ほど。

普段、気軽に来られる値段ではないけれど、特別な記念日などにまた来てみたいと思います。

www.tripadvisor.jp

チーズタッカルビをフランス人に食べさせてみましたー

ホットプレートを買ってから、休日や人が集まる日の簡単料理をホットプレートで一気に作ってラクをするようになりました。
焼きそばとかお好み焼きとかでも、フランス人は大喜びなんです。

この日は、先週作ったキムチが余っていたので、チーズタッカルビを作ることにしました。一時、テレビなどでレシピが紹介されたチーズタッカルビは、韓国料理ながら、日本でブームになってから、日本の家庭でも頻繁に食べられているようです。

今日はそんなチーズタッカルビをフランス人の旦那と家族に作ることにしました~。

 

チーズタッカルビのレシピ

(材料4人分)
鶏モモ肉一切れと胸肉一切れ
ネギ 1本
玉ねぎ 1個
パプリカ 1個
ナス (大きな西洋ナス1本)
☆本来は、キャベツや人参などを使うそうですが、この日は残り野菜で合いそうなナスやパプリカを入れて炒めました。
キムチ 残りたぶん200gくらい
とろけるチーズ 好きなだけ

マリネ液
コチュジャン 大さじ1
醤油 大さじ2
酒 大さじ2
砂糖 大さじ1.5
ショウガ、ニンニクは2片ずつ

(作り方)
①鶏肉は一口大に切って、マリネ液に混ぜて30分ほどおく。
②野菜を一口大にカットする。
準備はここまで。
後は、みんなの前でホットプレートで調理するだけです。
③ホットプレートにサラダ油をしいて、鶏肉を炒める。鶏肉の色が変わってきたら、野菜とキムチを入れて、ふたをして蒸し焼きにする。
④具材に火が通ってきたら真ん中を二つに割って、チーズをのせ、チーズがとけるまでふたをする。
⑤各自、皿に取り分けていただく。

f:id:S_tabearukirecipe:20180710013954j:image

インスタ映えもするし、私には美味しかったんですが、フランス人の評価はイマイチでした。キムチの味に慣れていないというのと、キムチとチーズのコラボの味がウケつけなかったようです。。。
フランス人はあーだー、こーだ、いろいろうるさいです!美味しいものは、邪道だろうが美味しく食べればいいのにねー、とまたまた思ってしまいました。
こういうところにも、B級グルメが発達する日本と、伝統を重んじすぎるフランス人との差が見えました(笑

パリ散歩 アレジア周辺で見つけたリモージュ焼きのお店

この日は、パリの14区、メトロ4番線のアレジアという駅周辺に住んでいる友達と合流して、ランチ、その後ぶらぶら歩きをしてきました。

まずは、さっそくお腹が減ったのでランチ。
友達おススメの小じんまりとした『Bistrot des Plantes』というレストランです。

f:id:S_tabearukirecipe:20180707175104j:image

もうすでにお昼時は過ぎて2時近くになっていたので、店内は二組のみ。
予約なしでも入れましたが、ここに行くと決めているときは予約しておいた方がいいと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175107j:image

本日のセット。前菜とメインまたは、メインとデザートの組み合わせは17.50€、前菜、メイン、デザートすべてだと21.50€です。
私は前菜とメインにしてみましたー!

メニューは、なんとなくわかると思ったので、特に調べずに(←これが大間違いでした。ガーン)、前菜はひよこ豆、フェッタチーズ、ほうれん草、ピーマンとアプリコットのサラダをチョイス、メインには、子牛のお肉、ジャガイモのトルティーヤ(スペイン風のオムレツ)添えをチョイスしました。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174910j:image

まずは、サラダ。
なんか焦げたレンコンみたいなものがのっていましたが、これがおそらくピーマンでしょうか??でも味は美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174923j:image

そして、メイン。
ん??
このお肉、ちょっと形が変じゃない??
まさか??
そういえば、よくメニューをもう一度見てみたら、Rognosって書いてある。。。
Rognosって何?調べてみると、腎臓でした。。。。ガーン

私、内臓系はとっても苦手なんです。
まあでも、そんなに臭いがしないかもしれないし、気を取り直して少し食べてみることに。
うーん、やっぱり臭い。やっぱり内臓。。。
こんなことなら魚にしておけばよかった。

下のトルティーヤだけをメインに食べました。。。

もちろん、レストランが悪い訳じゃなくて、ちゃんと聞かなかったし、調べなかった私のせいなんだけど、せっかくの外食で失敗するとテンション下がりますね、やっぱ。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174913j:image

www.tripadvisor.jp

 

さてさて、気を取り直して散歩をしていると、お皿を大量に売っているお店を発見!
店の名前、M.P.SAMIEの下に小さくLimogesと書いてあります。
リモージュと言えば、リモージュ焼きの陶器で有名な場所。
そう、ここはリモージュ焼きの陶器を扱う食器屋さんだったんです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175055j:image

さっそく中に入ってみます。
白がベースだけど、ゴールドとネイビー、ゴールドと赤などのラインが入ったティーカップやお皿のセット。こんなのも揃って持っていたら、なかなかお洒落ですね。
お値段はまちまちですが、カップは一組11€から。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175420j:image

続いてはちょっとモダンな柄が入ったコーヒーカップ、こちらは一つ2.5€。安いです。
セットのお皿も3.5€。気に入ったデザインを見つける楽しみもあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174906j:image

白だけのものもたくさん。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175113j:image

こちらは安売りコーナー。ティーカップは1客1.8€です。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175049j:image

2階に行ってみると、コーヒーカップのセットがありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707175100j:image

可愛らしいエッグスタンド。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174858j:image

店内は本当に広いので、食器好きの人なら買わなくても見るだけで楽しめると思いますよ。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174919j:image

さて、友達の家に行く前に、こちらのパティスリーでケーキを買うことに。
こちらはドミニクサブロン。日本でも有名なベーカーリーみたいですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20180707175117j:image

ケーキはどれも美味しそう~!!

f:id:S_tabearukirecipe:20180707175201j:image

レモンタルトピスタチオクリームのフランボワーズのサブレを一つずつ買ってシェア。
ほっぺたが落ちるほど美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20180707174902j:image

 

www.tripadvisor.jp