海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

アトリエ・ルミエールでゴッホのショーを観てきました

さて、最近パリで人気のアートショーであるアトリエ・ルミエールの『ヴァン・ゴッホ夜の星展』を観に行ってきました。ここは、以前にグスタフ・クリムト展が行われた場所なんですが、最近パリのアート好きの人たちの間で話題の場所なんです。

プロジェクターで映し出された壁一面のゴッホの作品と音楽を通して、その素晴らしい雰囲気を味わえるということで、連日、大賑わいです。
私も事前にインターネットでチケット予約をしておいたので、すんなりと入れましたが、チケットを買っていない人は完売になっていて、当日券は売り切れていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20190420211428j:image

さらに日本を題材にした『日本の夢』という作品も合わせて上映されていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211411j:image

ではさっそく中へ。人の頭がたくさん見えます。かなり混んでいました。
それでもクラシックやジャズの名曲とともに映し出されるゴッホの世界にあっという間に引き込まれていきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211414j:image

こちらはゴッホ初期の作品で、『ジャガイモを食べる人々』。
実際に手や身体を使って労働をする農民や労働者を愛したゴッホは、この作品を通して農民の生き方を肯定的に表そうとしました。こちらの作品は、アムステルダムゴッホ美術館で見たので、覚えていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211417j:image

続いては、ヒマワリ。ちなみにゴッホは数々のヒマワリの作品を描いていますが、どの作品なのか、ちょっとよくわかりませんでした。でも壁一面がヒマワリだらけになる様子は圧巻。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211440j:image

さらに、ゴッホはアイリス(あやめの花)を題材に数点の作品を残しています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211449j:image

こちらもアイリス。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211434j:image

さらに、この絵もアムステルダムゴッホ美術館で見た絵、『黄色い家』です。
南フランスのアルルに借りた家の様子を描いた明るい作品。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211405j:image

そして、有名な『アルルの寝室』の絵に繋がっていきます。
美術館で絵を見るのと違って、音楽を聴きながら、一部が動画のように動くゴッホの絵を見ていると、なんだかどっぷりとゴッホの世界に浸ってしまいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211444j:image

そして、アルル時代の夜の風景を描いた『ローヌ川の星月夜』。パリのオルセー美術館に展示されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211437j:image

さらに水面の部分がゆらゆらと揺れるような光の効果で、とっても綺麗でロマンチック♪
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211431j:image

そして、こちらもオルセー美術館にあるゴッホの代表作、『オーベルシュルワーズの教会』。

とっても素敵でした~。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211425j:image

そして数分間の休止の後に始まる『日本の夢』。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211420j:image

こちらは、いかにも外国人から見た日本のイメージを表していて、昔の浮世絵や版画などの作品から取り出したモチーフを組み合わせて、光のショーになっていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211403j:image

日本のことを扱っているのに、なぜか、日本じゃない!という不思議な感覚に陥ります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211408j:image

でも、とても面白かったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420211422j:image

興味のある方はぜひ行ってみてください。

 

www.atelier-lumieres.com

 

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

 

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

おうちごはん、久しぶりの和食でひと息

んエジプトから帰ってきてほっとひと息、ひさびさの和食です!

f:id:S_tabearukirecipe:20190420210530j:image

マルシェで買ってきたサバを赤みそと白みその合わせ味噌でこっくりと煮込んだサバの味噌煮。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420210534j:image

マルシェで売られていたタラの卵をオーブンで焼いたものに、レモン汁とお醤油をかけたもの。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420210526j:image

ニラと人参の和え物。
f:id:S_tabearukirecipe:20190420210537j:image

久々の和食に胃が喜んでいます♪

カイロっ子にも人気なファーストフードレストランKAZAZ!

シタデルの後は、カイロ市内までタクシーで戻ってきて、早めの夕食にしました。

やってきたのは、こちら、カイロ博物館のすぐ近くにある、KAZAZというエジプト料理中心のファーストフードレストランです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190417223639j:image

外にも写真入りのメニューが載っていますが、かなり安いです(16.75EGPは約110円)。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220720j:image

1階部分は、テイクアウトのファーストフード店になっていて、サンドイッチやハンバーガー系が中心です。こちらもすごく混んでいました。

f:id:S_tabearukirecipe:20190417223659j:image

1階で、ケバブを焼いているところが見えて、これがまた美味しそう!

f:id:S_tabearukirecipe:20190417223702j:image

2階にやってきました。少し早めなのでまだ席はありましたが、この先、あっという間に満席になってしまいました。ただ、回転は早いと思います。なぜかテレビがあって懐かしい感じ。

f:id:S_tabearukirecipe:20190417223809j:image

メニューもたくさんあります。英語は書いてあるものの、よく分からないものもたくさんありました。私はお腹がもうかなり大変なことになっていたので、スープとご飯。
夫は、好きなものを注文していました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220742j:image

前菜っぽい感じで出てきたのは、ピタパンを揚げたクラッカーのようなものと、ピクルス、そして玉ねぎのサラダです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220750j:image

夫は、こちらのフライドビーフディッシュというのを注文していました。これはご飯の上にケバブビーフみたいなのがのっていて、トマトソースがかかっていました。結構美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220736j:image

レンティル豆のスープ。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220724j:image

ピラフみたいなご飯。これは味があまりなくて、美味しくなかった。。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220727j:image

これだけあって、700円くらいですかね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220757j:image

最後に、エジプトのデザート、オム・アリも食べました!
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220746j:image

安くて美味しい、ここは結構おススメです。

www.tripadvisor.jp

カイロのシタデル(要塞)とモスク観光

カイロに戻ってきました。
今日一日カイロで過ごし、明日はパリに戻ります。約1週間のエジプト旅行ももう終わりです。楽しかったけど、やっぱり後半はお腹にきますね、、、。
とはいえ、夫は全くお腹を壊さずピンピンしているので、人によるんでしょうか。。

古代エジプトの遺跡はたくさん見たので、今日は、ちょっと近代エジプトも見てみようと思い、カイロ市内にあるシタデルにタクシーで向かいました。


途中に見えたモスク、こちらも素敵です。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416220514j:image

シタデル到着!
ちなみにこちらのシタデルは、モカッタムの丘の上にあります。
タクシーを降りてから、丘まで少し歩きます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220411j:image

こちらがシタデルの入り口。ここでチケットを買います。
ちなみにこの日は日曜日で、エジプト人はタダで入れるらしく、家族連れなどで混雑していました。もちろん外国人はチケット料金を払います。しかも、高い。エジプトは観光で稼いでいる国なので、仕方ないんですけどね。
ちなみに、日本は、観光客の外国人には新幹線のチケットを安く売って、税金を払っている国民からはボッタくるっていう酷い政府ですけどね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220433j:image

このシタデルは、1176年に創始者サラー・アルディーンにより建設されました。
十字軍の侵略に備えて造営されたそうで、周囲を高さ10m、暑さ3mの城壁に囲まれています。ここに見えている円形型の塔や、巨大な井戸などもあります。
1192年に休戦条約が結ばれ、対十字軍の拠点としての役割を終えた後は、1218年に王宮が建てられて、エジプトの中心的なシンボルとなって今も残っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220449j:image

そして、この敷地内にあるムハンマド・アリー・モスクは、その荘厳さ、美しさで、カイロで一、二位を争うそうです。そのほか、この中には軍事博物館や、歴代のエジプトのスルタンを記念して建てられた博物館などがあり、地元の人もよく足を運ぶ場所の一つだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220459j:image

さて、モスクに近づいてみました。窓枠にはめられているアラベスク模様が素敵ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220454j:image

入り口部分はこんな感じです。イスラム教徒の教えを書いたパンフレットが各国の原語に訳されて、無料配布されていました。ちなみに日本語は、すでに日本人観光客が持っていったようで、一枚もありませんでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220438j:image

天井部分から電球が吊る下がっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220525j:image

ちょうどこの時は、地元の人たちのお祈りの時間で、中に入ることはできませんでしたので、その間は、外の景色などを見てまわりました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220429j:image

ここは丘の上で少し高台になっているため、カイロ市内の景色が良く見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220423j:image

左側、遠くの方に薄っすらと、ギザのピラミッドが見えますね。
こういうのを見ると、やはりエジプトにいるんだなーと実感します。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220417j:image

さて、お祈りが終わり、中に入りました。ちなみに靴を脱ぐので、靴を入れるビニール袋を持っていくといいです。

 

モスクの中。
たくさんの電球に明かりが灯されていて、これがとても綺麗です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220520j:image

パノラマで撮るとこんな感じです。ちなみにエジプト人はあまり観光客を気にしないようで、現地の人たちも写真をバシャバシャ撮りまくっていました。
一応、私は髪をスカーフで巻いて中に入りましたが、やっていない観光客もたくさんいました。まあでも、一応の礼儀です。日本のお寺とかも、土足で観光客が入ってきたら嫌だし、それと同じです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220508j:image

モスク内にある扉のデザインも素敵です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220443j:image

外には中庭があって、その真ん中に屋根付きの場所がありました。(←なんていうのか分からない)
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220542j:image

先ほど外から見た窓枠。ここから外の景色が見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220408j:image

さらにシタデルの敷地内にあったもう一つの小さなモスクに入ってみました。
こちらは建築年代がかなり古いらしく、簡素な造りでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416220528j:plain

中にはお祈り専用の絨毯が敷かれていて、この家のような形一つ分が、一人分のスペースです。先端はメッカの方向を向いています。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416220503j:image

祭壇の近くです。祭壇といっても、イスラム教のモスクなので、銅像などはなく、モザイクとアラベスク模様、そして奥がへこんでいるその先は、メッカの方向を指しています。お休みして座っている子供の姿が入っちゃいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416220403j:image

シタデルは、古代エジプトとはまた別の魅力がありました。


P.S. トイレは、できれば他で済ませた方がいいと思います。お祈りの人が足を洗っていたりして、混雑していますし、さらに水洗ではないので、ペットボトルで水を渡されて、それで流す形式でした。。

ルクソールのオアシス・パレス・レストランでディナー

ルクソール神殿からの帰り道、通り沿いの屋台で、ファラフェルを揚げていました。
ファラフェルサンドも美味しそうでしたが、昨日のレストランからお腹がかなりヤバい感じになってきていたので、私はパス。旦那はサンドイッチを買って食べました。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416015546j:image

観光で疲れた後は、プールでのんびりします!
といっても、この時はまだ3月。気温は日中の日なたでも22度くらい。一応、水温はヒーターで温水プールになっていましたが、かなりまだ寒かったです。
でも日向ぼっこは気持ちがいいので、横になって疲れを癒します(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015521j:image

さて、夕暮れになったので、ルクソール博物館とディナーに出かけます。
ちなみに今夜の夜遅くの便でカイロに戻ります。
夕暮れ後のナイル川。ひっそりとしていていい感じでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015542j:image

ルクソールの町はカイロよりも全然田舎なので、のんびりしています。
でも歩いていると、ラクダ引きなどが、ラクダに乗れ!とうるさく声をかけてきますが、それも無視。しばらく無視するとあきらめていなくなります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015549j:image

さて、まだそれほどお腹も空かないので、せっかくだからルクソール博物館を見てみようということになり、行ってみました。1975年にできた博物館で、展示品はほとんど新王国時代の彫像が集められています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015525j:image

写真撮影は別料金なので無しで入りましたが、小さいながらもなかなか見どころの多い博物館でした。ここでは紹介しませんが、ルクソール滞在時に時間が余ったら、ぜひ行かれることをお勧めします。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015537j:image

さて、ルクソール博物館から歩いて少し行ったところにあるオアシス・パレス・レストランというところで今日のディナーです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015513j:image

ここはホテルのレストランで、内装はレトロなヨーロピアンスタイルでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416215209j:image

落ち着いていて、清潔感があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015517j:image

さて、お腹の調子はかなり悪いのですが、それでもお腹も空いてはいるので、薬を飲んでご飯です。。。
こちらは、エジプトの牛肉ベースのタジン。
野菜もたっぷりと入っていて美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015533j:image

こちらは牛肉のグリル。牛肉はちょっと固めでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015528j:image

お腹の調子が悪いのでは、私はご飯ばっかり。あとは、夫がほとんど食べました。。。。(涙

さて、この後は、カイロに戻ります。

ルクソール神殿 その2

ラムセス2世の中庭の周りの壁には、たくさんのレリーフ画が残されています。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416015024j:image

こちらはエジプト軍が遠征したときに捕虜になって連れてこられた人を表しているレリーフです。この捕虜になっている人たちは、外見からヒッタイト人に近い感じがします。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015109j:image

こちらは忘れてしまいましたが、おそらくラムセス2世の遠征の様子を表したもの。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015112j:image

こちらは別の捕虜の様子。おそらくアフリカから連れてこられた捕虜でしょう。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015037j:image

こちらの座像は、ツタンカーメンのものらしいです。
ツタンカーメンの父イクナートンがアテン信仰を進めて、アメン神を祀るこのルクソール神殿カルナック神殿の像を破壊してしまいましたが、父の死後、ツタンカーメンがアテン信仰を廃止し、これまでのアメン神の信仰を復活させ、父が破壊した像の修復作業に努めたため、その功績が評価されたそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015100j:image

こちらは先端部分が開いたパピルス列柱です。中庭にはこれが74本あります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015053j:image

崩れてしまった列柱の下の部分だけ見ても、その凄さが分かります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015043j:image
列柱の並んでいる様子は圧巻。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015046j:image

さて、この中庭からはいくつかの至聖所に行くことができます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015018j:image

こちらは至聖所の一つです。名前は忘れてしまいました。。。
中は修復作業中でした。壁にぎっしりと残されたレリーフ画に自然な形で色付けを行う作業がされていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416015315j:image

至聖所らしく、神に捧げものをするファラオの姿が様々な形で描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015312j:image

この中の至聖所の一つに、アレキサンダー大王の至聖所があります。
ギリシャからアレキサンダー大王がペルシャを破ってエジプトに凱旋入場し、それまでペルシャの支配に苦しめられていたエジプト人たちは彼を救済者として崇めました。
そして、アレキサンダー大王自身もアメン神を信仰することで、エジプト人たちを懐柔したとされています。そのため、このルクソール神殿にはアレキサンダー大王の至聖所もあり、アメン神を礼拝するアレキサンダー大王のレリーフ画が残されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015336j:image

ただ、それがどのレリーフ画だったか忘れてしまいました。。。(涙
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015340j:image
周囲にはたくさんのレリーフ画。説明がないと意味が分からないものもあるけれど、見ていて飽きません。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015333j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015304j:image

柱の間にあるラムセス2世の像。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015319j:image

ところどころ、柱にある神の顔が削り取られていたりしますが、これはイクナートン時代に行われたものなのでしょうか。。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416015308j:image

ルクソール神殿の重要な役割の一つはオペトの大祭を祝うことでした。オペトはテーベ(昔のルクソール)の守護女神で、毎年、洪水の季節の第2の月に祝われ、祝儀は27日間も続いたそうです。
重要なのは、この祭りがカルナック神殿ルクソール神殿の合同で行われたことで、今も2つの神殿を結ぶ2.5kmの参道が姿を残しています。両側にはスフィンクスが並んでいます。(ただしこの参道は、現在はルクソール神殿までは繋がっておらず、近いうちにルクソール神殿まで繋げる計画だそうです。)

f:id:S_tabearukirecipe:20190416213525j:image

この参道を、御神体を納めたアメン神の聖なる船がカルナックを出帆して、ルクソール神殿に向かう際に、民衆はその沿道にでて拝礼を許されたそうです。
ほんと、古代エジプトロマンですね~。
さて、これでルクソールの遺跡巡りも終了です。

ルクソール神殿 その1

カルナック神殿の後は、ルクソール神殿にやってきました。
ここは、もともとカルナック神殿群の一部として、アメン神、ムト神、コンス神に捧げるために、アメンホテプ3世が築いた神殿で、新年の祝祭の儀式を行うために使われたそうです。

神殿の入り口の塔門とオベリスクは圧巻です。元々6体あった王像のうち3体が残っていましたが、現在では修復が進んで4体が見えます。入り口付近の2体がラムセス2世の座像で、右側の座像の方が損傷が激しく、顔の部分はほとんど分かりません。

f:id:S_tabearukirecipe:20190413011354j:image

さらに、ここにあるバラ色花崗岩のラムセス2世のオベリスクは、もともとは対をなしていたそうですが、ナポレオン時代にフランスに贈られて、今はコンコルド広場にあります。
たしかに、よく見ると、オベリスクが一本だけというのはバランスが悪いように見えます。フランスもこういう歴史的建造物は、きちんとエジプトに返すべきだと思いました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011407j:image

入り口から中を覗くと、中の建築物が少し見えます。これだけでも興奮しますね。
昔は、この中央部分には扉があったそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011336j:image

座像の横を歩いてみると、やっぱりその大きさを実感します。
外壁には、ヒッタイトを空いてにエジプトの存亡をかけて戦ったカデッシュの戦闘場面がレリーフになっているそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011404j:image

塔門からラムセス2世の中庭に入ります。
下が膨らんだ形の列柱が見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011411j:image

あれ?なんでいきなりモスクのシンボルが?と思いますが、実は、このルクソール神殿は、1884年にガストン・マスペロによって発掘されるまでは、砂に埋まっていたんだそうです。そして、その当時にはすでにイスラム教徒たちにより、アブ・エル・ハッジャ・モスクが建てられており、それが今でもルクソール神殿の北側に残っています。
モスクを取り壊すわけにもいかず、このままの形で残されているそうです。
ちなみに、この四角い部分が入り口だったそうで、その下を掘り進んだら、昔の遺跡が出てきたわけです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011332j:image

こちらは北側にあるモスク。現在でも使われているそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416013623j:image

ラムセス2世の中庭からは、いろいろな小部屋に行くことができ、その小部屋に行くための入り口がたくさん残されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011345j:image

こちらも小部屋へやの入り口の一つです。門全体にレリーフヒエログリフが刻まれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011420j:image

こちらはラムセス2世の中庭の見取り図。
上から見ると、このように列柱が配置されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190413011351j:image

このラムセス2世の中庭はもともと74本の開花パピルス柱で囲まれていたそうです。
そして、この柱の間に、もともと建てられていたアメンホテプ3世の像の名前を自分のもの書き換えることによって、自分も偉大なファラオだということを示したそうです。
なんだかちょっとセコイ。。。

f:id:S_tabearukirecipe:20190416013723j:image

列柱の間の像は、頭部がなくなっているものが多いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416013719j:image

こちらの像はラムセス2世の座像。両肩には王の称号が彫られているそうです。
ちなみに、ラムセスという名は、「ラーより生まれた」という意味で、左肩に記されているそうで、右肩には、即位名である『セテンペンラー・ウセル・マアト・ラー』が刻まれているそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190416013727j:image

 つづく