海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

ラ・ロシェルのシーフードレストラン Les Pecheurs

さてラ・ロシェル一日目のディナーはこちらの要塞の近くにあるシーフードレストランにやってきました。
ここは、以前に私が家族のバカンスで来たことがあり、けっこう美味しかったのでお勧めしました。
ラ・ロシェルの夜は夏でも冷えます。特に私たちが訪れたこの時期は気温がそれほど高くなかったため、昼間は日差しのおかげで暑いのですが、夜は18℃くらいまで冷え込んでいました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922232337j:image

店内は落ち着いた雰囲気ですが、テラス席の方が人気です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232317j:image

夜でもセットメニューがありました。前菜とメインで22.50€はお得です!
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232321j:image

友達はスペイン人なので、ワイン大好き!白のサンセールをボトルで注文しました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232332j:image

前菜は、サーモンとヤギのチーズのタルタルです。
ヤギのチーズはそれほど得意ではないんですが、チーズだけでなく、他のものと混ぜてあると、結構食べられます。タルタルは美味しかったです!
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232329j:image

メインは、タラのグリル、キノコのリゾット、手長エビのバスクソース添えです。
これがめちゃくちゃ美味しかった!
ソースが絶品でした。ここにまた来てよかったー。
二人でワインを1本空けたので、結構酔っぱらいました(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232326j:image

ホテルは旧市街なので徒歩10分ですが、酔い覚ましと腹ごなしに、夜の港をお散歩。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232350j:image

写真はあまりうまく撮れませんでしたが、とっても綺麗な夜景がロマンチックでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922232347j:image

 

 

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

夏のバカンス、ラ・ロシェル

夏は過ぎてしまいましたが、この夏のバカンスの思い出を回想録として紹介します。

8月に女友達4人でラ・ロシェルに行ってきました。ラ・ロシェルはパリからTGVで2時間半くらいのところにあるフランス西海岸の漁港都市です。ボルドーの150kmほど北にあり、バカンス地としてフランス人に人気の町です。

朝7時半にパリを出発して10時頃に到着。
駅はこんな感じです。コロナの影響でマスクをしている人がたくさんいます。
というか、フランスでは電車の中はもちろん、ラ・ロシェルなどは町中でもマスク着用が義務付けられていて、違反すると罰金が課せられます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922215327j:image

駅の全景です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215312j:image

駅から10分くらい歩くと港に出ます。
ここがラ・ロシェルの港で、ボートがたくさん並んでいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922220831j:image

港を守るように建っている二つの塔は、ラ・ロシェル観光のメインです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922220834j:image

旧市街の街並み。中世の古い建物が今でも残っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922220949j:image

旧市街内は、車両規制がかかっているので、徒歩中心になります。
私たちの予約したホテルも、この旧市街にありました。

ホテル予約サイトで事前に予約していたんですが、よく見ないで予約してしまったため、スタンダードルームのはずが、エコノミールームになっていました。。
違いは、トイレとシャワーが共同になってしまうことです。。。
ガーン、、、まあでも安かったので仕方ない。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922220952j:image

荷物を預けた後は、町をぶらぶら歩きながら、ランチに出かけました。

こちらは、Gingerという名前のヘルシー風レストラン。
フランスでは、ショウガはアジア食材という認識が強く、あまりショウガを使った伝統料理はありません。ということで、こちらのレストランでは、ショウガなどを始めとしたアジア食材を使って、ヘルシーメニューを考案しているとのことでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922221009j:image

ちょっとボケましたが(笑
前菜は、季節のフルーツとトマトのガスパッチョ。
この日は、スイカ、葡萄、イチゴなどが入っていました。フルーツと合わせたガスパッチョは初めて食べましたが、美味しかったです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922215337j:image

そして、私はこちらの蕎麦を使った焼きそば風の一品。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922223726j:image
お味の方は、まあまあ。ショウガは効いていましたが、その他の味付けは普通。
家で、自分で作った~みたいな味でした。。。

 

友達はこちらのチャコルバーガー。中はサーモンとアボカドです。
感想を聞いたところ、こちらも、チャコルのパンは珍しいけど、味は至って普通。
家で、自分でサーモンとアボカドを買ってきて、普通に作れる感じ、と言っていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215324j:image

ということで、ヘルシーレストランはイマイチ(笑

ランチ後は、暑くなってきたので、ビーチに行くことにしました。
旧市街から港に出るところにあるこの時計台付きのアーチがとってもお洒落です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215251j:image

二つの塔を越えるとLa Plage de Concurrenceというビーチに出ます。
ここはラ・ロシェルの町から一番近いビーチで、徒歩15分くらいです。

けっこう人も出ています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215320j:image

ビーチの先の方まで、少し足を延ばして散歩をしてみました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215258j:image

散歩の後は、旧市街に戻って一休みです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215334j:image

旧市街の真ん中には、この昔ながらの市庁舎があって、その前の広場にあるカフェのテラス席に座りました。ここで少しまったりとします。

f:id:S_tabearukirecipe:20200922215315j:image

市庁舎の中には入れませんでしたが、外から見るだけでもかなりの見ごたえです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200922215255j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20200922223748j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20200922223751j:image

 

以下、過去のラ・ロシェルの記事です。

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

 

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

シュレンヌのフレンチレストラン『マカイユ』

この日も暑かったので、急遽、近くのレストランで外食することになりました。

よかった、ホッ!!

シュレンヌの町のセーヌ川沿いにある『マカイユ』というレストランは、近所にあって、コストパフォーマンスも良いので、よく利用しています。

雰囲気もなかなか。

f:id:S_tabearukirecipe:20200820185707j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20200820185712j:image

この日はテラス席に座りました。

夏のバカンス中とコロナウイルスの影響で、予約なしですぐに入れましたが、普段は予約した方が確実です。

 

最近はコロナの影響で、紙のメニューではなく、テーブルの上にバーコードが貼ってあり、それをスマホで読み取って、メニューページにアクセスするパターンが増えてきています。でもお年寄りなどで、スマホ持ってない人はどうするんだろう??とか考えてしまいます。

 

さて、こちらのマカイユでは、前菜、メイン、デザートのセットで29.90€というお得なコースがあるんです。もちろんディナータイムもこのお値段!

 

こちらは夫の前菜、ひよこ豆のフムスとムール貝のフライです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200731001800j:image

私は、丸ごとのイタリアのブラータチーズ(モッツァレラチーズをさらにクリーミーにした感じのチーズ)とプチトマトのバジルのサラダにしました。
ブラータチーズ、本当に美味しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200731001757j:image

そして夫のメインディッシュは、ポークリブのソテー、キャラメリゼ
お肉も柔らかく、甘い味付けが食欲をそそります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200731001808j:image

私のメインは、鶏肉のグリル、夏野菜とジロール茸のコンフィ添えです。
こちらも鶏肉はスロークッキングで中が柔らかく美味しかったですが、味付けがイマイチ淡泊な気がしました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200731001746j:image

最後にデザート。

私はアプリコット尽くしの一品、焼きアプリコットのライム生クリーム添え、アーモンド風味のアイスクリームとサブレが付いています。美味しー!!
f:id:S_tabearukirecipe:20200731001752j:image

夫は、オレンジ風味のチュロス、チョコレートと生クリーム添えです。
こちらは私には重すぎましたが、夫は堪能していました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200731001805j:image

暑い日にレストランに来るって、最高の贅沢な気がします(笑

夏のレシピ 白身魚のセビーチェ、他

日本は毎日、酷暑が続いているようですね。。。
フランスも1週間前には熱波に襲われて、パリでも40℃近くの猛暑日となりました。

そんなフランスで人気の夏のレシピをご紹介したいと思います。

こちら、ペルー料理の『白身魚セビーチェ』。
レストランでも人気のメニューです。

 

作り方は簡単ですが、下準備に時間がかかるので、前日または朝一で準備しておくのがベターです。

 

白身魚のセビーチェのレシピ♪

(4人分)

白身魚(刺身用)鯛、スズキ、ヒラメなど 500g 
トマト 3個
レモン 4個
玉ねぎ 1/2個
コリアンダーの葉 1/4カップ
オリーブオイル 大さじ3~4
黒オリーブの実 適量
アボカド あれば
オレガノ 少々
塩 少々

 

※材料は、新鮮なコリアンダーの葉以外は、割と簡単に入手できると思います。
コリアンダーパクチー)は、好みが分かれるので、嫌いな方はもちろん入れないでいいと思います。

 

(作り方)
①刺身用の魚を一口サイズに切る。あまり小さすぎると、酢で身が締まりすぎて酸っぱくなるので、刺身っぽい感触を残したければ、少し大き目に。
②平らなバットに①の刺身を均等に並べ、上から絞ったレモン汁(3個分)をかけてマリネにし、冷蔵庫で最低約6時間寝かせます。途中で身をひっくり返した方がいいです。
③玉ねぎはみじん切り、トマトは中の水分の多いところを取り除き、肉厚の皮の部分を細かい四角に切る。オリーブの実もスライスしておく。
④ボウルに③を加え、マリネしておいた魚を混ぜ合わせ、レモン汁1個分、オリーブオイル、塩、オレガノを加える。
⑤食べる直前に、好みでコリアンダーを加える。

アボカドはスライスして盛り付けに使います。

 

こちらが冷蔵庫で6時間レモン汁漬けにしたもの。

f:id:S_tabearukirecipe:20200820174802j:image

 

セビーチェを盛り付けて出来上がりです。
なんとも涼し気です!
f:id:S_tabearukirecipe:20200820174758j:image

ちなみに今日は、義母から教わったトマトと赤ピーマンとオレンジの冷製サラダも作りました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200820174808j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200820174811j:image

そして前菜には、山羊のチーズに蜂蜜とローズマリーを散らしたもの、クリームチーズアプリコットジャムを添えたものをオーブンで軽く焼いたものを用意しました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200820174805j:image

暑い夏、できるだけ火を使わない料理を作りたいです(笑

シャモニーでハイキング、最終日9日目、メールドグラース氷河展望台

シャモニーの町を出発し、モンタンヴェール鉄道の駅のすぐ裏から、登り始めます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730231222j:image

途中、モンタンヴェール鉄道の線路に出くわしました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730214710j:image

電車がやってきます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730215030j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215034j:image

登山、約2時間半。
メールドグラース氷河の展望台に到着です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730215535j:plain

ここには宿泊施設やレストランなどもあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215506j:image
まずはここで、ランチにします。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730231434j:image

さて、ここから、メールドグラース氷河の展望台に降りていきます。
展望台の先は、氷河の中の洞窟とトンネルで直結していて、中にも入れるようになっているそうです。


実はここも、昔はゴンドラで降りたすぐ目の前が、氷河の展望台だったのですが、気候変動により氷河が溶け出してしまったため、今は氷河の洞窟に至るまでに、600段も階段を降りなければならなくなってしまいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215609j:image

まずは、ゴンドラで下まで降ります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215549j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20200730231449j:image

さらにその後、徒歩で600段を降りていきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215544j:image

確かに小さな氷河が見えます。
昔はこの辺りは一面、氷河だったそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215455j:image

1990年には、ここが氷河の入り口でした。という看板。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215618j:image

ここからさらに下を見ると、かなり下の方に洞窟の入り口が見えます。
あんなに氷が溶けだしたのかー、と実際に見るとやはり実感がわきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215612j:image

私たちが乗ってきたゴンドラはあの赤いやつです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215606j:image

かなり下りましたが、まだ2005年。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215539j:image

氷河に削り取られた地層がむき出しになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215558j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215510j:image

2010年まで来ました。あともう一息。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215602j:image

f:id:S_tabearukirecipe:20200730231511j:image

洞窟の入り口が見えてきました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215459j:image
友人と記念撮影です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730215949j:image

ここからは、洞窟に入るので、マスク着用させられます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215523j:image

氷河の洞窟の中は、水が滴り落ちるので、レインジャケットを来ていきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215530j:image

周りはすべて氷です。かなりひんやりとしていて寒いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215519j:image

氷の壁。中に穴をあけて、そこに電気を通して反射させています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215526j:image

幻想的な空間です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730215503j:image

洞窟の中でも、氷が溶けだして、小さな滝になっていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730215931j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20200730231619j:image

一見の価値アリです。

帰りは、モンタンヴェール鉄道で帰りました!

f:id:S_tabearukirecipe:20200730231631j:image

シャモニーでハイキングのバカンス、やっと終了です。
終わってみれば楽しかったけど、9日間の滞在中、8日間のハイキング、というより、ほぼ登山合宿のようなバカンスでした。

 

 

シャモニーでハイキング、8日目、ラック・ノワール『黒い湖』

バカンス8日目、今日もまたまたハイキング~。。。


バカンスって休むもんじゃないのか?うーん??

ということで、今日は先日のラック・ブロン(白い湖)と対照的なラック・ノワール(黒い湖)を目指します。

途中、ブレヴォンまではゴンドラで上がります。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730212711j:image
中間地点に休憩所がありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212708j:image

ゴンドラを乗り継いで、ブレヴォンに到着です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212702j:image

ここから、黒い湖を目指して、石ころだらけの道を進みます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222838j:image
石ころのサイズも小さいものから、大きいものまでバラバラ。
整備されていないので、滑らないように慎重に足を進めます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222914j:image

そしてようやく見えてきました、ラック・ノワール
確かに光の加減で、黒っぽく見えます。蔵王御釜に似ていますかね。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730222834j:plain

ここはラック・ブロンと違って、それほど有名なハイキングコースではないらしく、人気がなくてひっそりとしていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222930j:image

坂道をゆっくりと下って湖に近づきます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730224655j:image

うわー、綺麗。
湖の全景です。青い空、白い雲、遠くに見える山脈の白、そして大地の灰色、緑色がすべて反映しています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222942j:image

こちらの岩の上で、ランチタイム。今日はクッキングは無しです(笑
近くのブーランジェリーで買ってきたサンドイッチを食べます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222925j:image

湖の周りは険しい岩だらけの山道に囲まれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222844j:image

なだらかな丘の上に雪が積もっているように見えているのが、モンブランです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222841j:image

湖の水は透明度が高いです。
水はさすがにかなり冷たい。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222900j:image

溜息が出るほど綺麗。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222903j:image

湖の周りを一周しましたが、光の加減によって、色が本当に変わります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222828j:image

帰り道は、アルプスの大パノラマを見ながら、リフトを使わずに歩いてシャモニーまで降りることに。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222936j:image

なんとも言えない絶景です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222910j:image

この後、帰り道、約3時間。さすがにフラフラです。
シャモニーの町は、遥か下の方に見えますねーーー。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730224713j:image

参道にある道しるべを元に、足を進めます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730222857j:image

やっと着いたー。
足がガクガクです。靴を履き替えて、ストレッチします(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20200730224838j:image

明日は、いよいよ、シャモニー最終日です。

 

シャモニーでハイキング7日目、アルジェンティエール氷河

しっかりと休息した翌日は、氷河を観に行くことになりました。
まずは、ゴンドラで最寄りのステーションまで上がり、その後は、ハイキングをしながら、アルジェンティエール氷河に近づくのが今日の目標です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730201307j:image

とっても良いお天気!
f:id:S_tabearukirecipe:20200730201256j:image

こちらは冬のスキー用マップですが、このゴンドラを使って2138mのところまで上がります。その後、マップの左にある氷河、Glacier d'Argentirereにできるだけ近づくコースです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730201303j:image

ゴンドラはガラガラで、待ち行列なしにスイスイ乗れました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730201300j:image

ゴンドラの駅に着きました。天気が良すぎて眩しい!
f:id:S_tabearukirecipe:20200730201252j:image

ここから先は別のリフトもありましたが、この日は運行していませんでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212035j:image

このゴンドラ駅の名前は、Refuge de l'ognanといいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212257j:image

岩ぼこ道を登るルートが続きます。
途中、かなりの暑さで一休みです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730212241j:image

氷河に近づくので、かなり寒くなるかと思いましたが、日差しが強いのと、上り坂が続いているためか、寒くはありませんでした。気温は20℃ほどで、空気は

f:id:S_tabearukirecipe:20200730212135j:image

途中、雪の残っている道もありましたが、この日は、通らずにすみました(ホッ)
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212144j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212131j:image

雪解け水がチョロチョロと小川になっていて、そこを渡っていきます。
防水シューズなので、濡れても大丈夫ですが、滑って転びたくはないので、ステッキでしっかりと足元のバランスを取ります。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730212318j:image

氷河が見えてきました。
凄い迫力です!
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212409j:image

この氷河も気温変動により、ここ20年でだいぶ溶け出して縮小してしまったらしく、昔の半分以下になってしまったそうです。あと、数十年したら、もしかしたら氷河自体がなくなってしまうと言われています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212357j:image

やはり、氷河の近くに来ると、ちょっと気温が下がってきました。
長袖の上着を羽織ります。山歩きは、体温調節が大切ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212347j:image

氷河の近くの岩に座って、ランチ休憩します。
下を見下ろすと、ワンコ連れの登山客がいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212350j:image

かなりの急斜面、岩がゴロゴロしています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212405j:image

ランチ休憩の後は、氷河の脇の道に沿って少し歩きます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212502j:image

迫力満点!
f:id:S_tabearukirecipe:20200730212511j:image

ガイドさんと一緒に、氷河の上を歩く人たちもいます。
もちろんスキーや、スノーシューズを履いています。

f:id:S_tabearukirecipe:20200730212546j:image

なかなか貴重な体験でした!