海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

セビリアの闘牛場を見学してきました

3時からの見学ツアー、始まりました。
ツアーは、スペイン語と英語の二か国語を話すガイドさんの説明付きです。

先に闘牛場内の博物館から見学します。
こちらは闘牛の牛のはく製。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127205314j:image

楽隊の衣装。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205516j:image

こちらは闘牛場の模型です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205500j:image

闘牛に使われる剣も数種類展示されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205559j:image

この闘牛場で戦った有名な闘牛士のマタドール服などが飾られています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205536j:image

刺繍などもたくさんあって、豪華な上着です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205539j:image

その他、セビリアの闘牛の歴史や、闘牛の様子を描いた絵や、闘牛にまつわる道具、書籍などが展示されていました。ガイドさんの説明によると、闘牛というのはそもそも貴族たちが軍事訓練の目的で行っていたもので、そのため馬に乗って行われるのが一般的でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205505j:image
ピカドールという槍突きの人が乗る馬たちの納屋。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205528j:image

納屋のある場所は反屋外になっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205457j:image
こちらは馬たちが水を飲む場所。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205518j:image

さらに闘牛場内には、チャペルもありました。
殺される牛のためにお祈りをするのかと思いましたが、闘牛士が自分の身の無事を神に祈るためのものだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205522j:image

アンダルシア地方でよくみかける明るい色のタイル画。聖母マリアと天使が描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205556j:image

さて、闘牛場の中に入場します。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205552j:image

席は石段のようになっていて、固そうです。
チケットはかなり高額でも売り切れるそうです。。。

時計の下のところが闘牛士が出入りする扉だったと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205543j:image

闘牛士が危険な状態になった場合に、この赤い板で囲まれた塀の中に逃げ込むことができるようになっています。とても狭い空間なので、牛が入れないようになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205451j:image

こちらが王族の貴賓席。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205533j:image

門の装飾が素晴らしかったのでアップで撮影。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205549j:image

感想としては、闘牛を見たわけではないけれど、やはり牛をみんなで槍で刺して、苦しむ姿を見世物にするというその競技自体には、賛成できません。。
ただ、昔は軍事訓練の目的でされていたということ、そして殺された後の牛の肉は、食用として無駄なく売られることなどを知って、スペインの歴史の一部なんだなー、とは感じました。とはいえ、やはり闘牛自体は廃止してほしいですね。

セビリア市内のTocTocで簡単タパス のランチ

さて、闘牛場観光まで少し時間があるので、サクッとタパスでランチにしたいと思います。たまたま見つけたこちらのタパスレストラン。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124223952j:image

カジュアルな内装で、くつろげます(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20200124223955j:image

メニューはこちら。英語メニューがありました!
Tというのはタパスサイズ。Pだとメインで食べられる大きいサイズという風に選べます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124224032j:image

中は明るい雰囲気。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224036j:image

これはミートボールのタパス。チーズがたっぷりかかっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224045j:image

これはタルタルサーモンのサラダ!これがめちゃくちゃ美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224040j:image

さらにスロークッキングでじっくり火を通したイベリコ豚とサツマイモのタパス。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224028j:image

 さくっと食べれて美味しかったです。

さて、いよいよ闘牛場にやってきました。白と黄色が特徴の大きな建物です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174415j:image

ちょっと離れたところからみるとこんな感じです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174409j:image

過去の闘牛ショーのカレンダーが壁一面に飾られていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127174423j:plain

牛がかわいそう。。。。と思ってしまいますが、それがスペインの伝統ということで。
闘牛ショーを観る気はしませんが、闘牛場の見学ならしてみたい。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174419j:image

これから中に入ります。

セビリアのスペイン広場はとても美しく広かった!

翌日は、朝からセビリアの市内観光に出かけました。
ちょっと曇り空。。

ここは、セビリアのグアダキビル川沿いの運河で、川沿いは散歩道が続いています。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220823j:image

ヤシの木です!やっぱりセビリアは暖かいんですねー。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220907j:image

誰の像だか分かりませんが、鳩の糞だらけに(笑。。。かわいそうに。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220851j:image

ここは、黄金の塔という川沿いの塔。上に登ることもできるそうです。
この地は、13世紀にはアラブ人によって統治されていたため、当時は外壁全てにタイルが貼られていて、それが黄金に反射して見えたことから、この名前がついたそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220935j:image

この近くの闘牛場を見学するつもりでしたが、観光客がいっぱい。
そこで、3時過ぎに戻ってくる時間予約をして、先にスペイン広場方面に向かうことにしました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220829j:image

スペイン広場がある公園、マリア・ルイサ公園にやってきました。
とっても広くて静かな公園です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220846j:image

そして、静かな公園の向こうに、にわかに観光地っぽい場所があって、観光客用の馬車などもたくさん停まっています。ここがスペイン広場の入り口。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220904j:image

ジャーン!
このスペイン広場は1929年の万博の際に建てられたものだそうです。
半円形の延びる回廊、そしてその周りには運河が作られていて、ボートに乗ることもできます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220945j:plain


f:id:S_tabearukirecipe:20200124220832j:image

メインの建てもの。この回廊部分には、スペイン各県の紋章と歴史的出来事を描いた絵タイルがはめ込まれています。スペイン広場ということで、ローマのスペイン広場を思い出していましたが、ここセビリアのスペイン広場の方が広くて、とっても美しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220842j:image

床にはめ込まれたタイル。スペインらしい南ヨーロッパの色遣いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220837j:image

美しい橋。下を走るボートといい、雰囲気満点です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220901j:image

そうそう、ここはスターウォーズのエピソード2の撮影にも使われたそうですよ。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220857j:image

しばらく見ていても飽きない。写真もたくさん撮りました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220942j:image

回廊の中にも入れます。天井はアラベスク模様。
やっぱりアラブの影響が強く残っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220820j:image

回廊の中。広いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220939j:image

なんかカッコいい。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220826j:image
スペイン広場、入場無料でとっても楽しめました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220848j:image

 ちなみにこちらは、ローマのスペイン広場です。

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

セビリアのイタリアンレストラン『Burro Canaglia Bar& Resto』

へレスからセビリアに移動し、すっかり夜になったので、ディナータイムです。
さすがにスペイン料理は飽きたので、今夜は少し変えて、イタリアン!(笑
このレストランはトリップアドバイザーで探してみました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124214828j:image

予約はしていませんでしたが、まだ時間は早め(といっても8時)なので、席は空いていました。
店内は、ちょっとお洒落なデコレーション!
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214931j:image

緑たっぷりの爽やかな雰囲気です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124214949j:image

前菜は、ブラータチーズとトリュフのサラダ。
ブラータチーズは、イタリアのモッツアレラの中でも、とりわけフレッシュでクリーミーな絶品のチーズ!うーん、美味しい♪
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214821j:image

メインとして、イベリコ豚のステーキ!
普段、ステーキは牛肉という思い込みがありますが、このポークステーキも柔らかくて美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214831j:image

私は、海老のラビオリのトマトソース。これは美味しいけど、まあよくある味。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214834j:image

さらにピザを注文してみました。ピザは楕円形の細長いタイプ。これはカルボナーラピザです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214824j:image

さらにデザートはチョコのクッキーとムース、さらにたっぷりのチョコレートアイス。

あー、お腹いっぱいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214840j:image

www.tripadvisor.jp

シェリー酒の試飲とランチ

教会見学の後は、お腹が空いたので、近くのタパスバーで軽くランチを食べることにしました。メニューは、スペイン語しかなかったので、よく分からないながらも、適当に注文してみました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124194533j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194455j:image

トマトと玉ねぎのサラダの上に、オリーブ漬けのツナがのっています。
サラダもとても美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194554j:image

アンチョビののったサンドイッチは、アンチョビがたっぷりのっていて美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194521j:image

そして、トマトとオリーブオイルの濃いスープ、サルモレロ。
卵と生ハムの塊がのっていて、とても美味しい。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194536j:image

タパスの後は、シェリー酒の試飲ツアーに行こうと思いましたが、英語ツアーは終わってしまっていました。残念。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194558j:image

このTIO PEPEというのが、このへレスの土地で一番有名なシェリー酒の製造者です。

上の写真の銅像がそのTIO PEPEらしいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194542j:image

この辺りは、多くのシェリー酒のワイナリーがあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194506j:image

通りはこんな感じ。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194544j:image

なかなか趣がありますが、午後3時でもう閉まってしまっていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194528j:image
ここはシェリー酒を専門に扱うお店です。
一応、試飲もできるようなので、ここにはいってみました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194459j:image

中には、ずらりと並んだシェリー酒の棚。
お店のおじさんが、シェリー酒の説明をしてくれました。
シェリー酒は、このスペイン・アンダルシア地方のへレス周辺で作られます。

 


f:id:S_tabearukirecipe:20200124194524j:image

葡萄を原料としていてワインに似ていますが、醸造課程でさらにアルコールを添加してアルコール度数を高めた酒精強化ワインという種類になります。

スペインはフランスやドイツより気温が高く、ワインの温度管理が難しいこともあり、ワインの酸化や腐敗を防ぐためにアルコール度数を高めて作られたそうです。

そのため、開封してからも常温で長期間の保存が可能です。


f:id:S_tabearukirecipe:20200124194515j:image

シェリー酒には、辛口、甘口、超甘口の3種類があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194509j:image

もちろん、それぞれの特徴によって、合う食べ物も違ってきます。
私も3種類それぞれ試飲させてもらいましたが、甘口と超甘口がとっても美味しく感じました。辛口は料理と合わせると良いのでしょうが、甘口や超甘口は、それだけでもクイクイッと飲めてしまうデザートのようなお酒です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194539j:image

フルーツやアイスクリーム、チーズなどとの相性が良いそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194602j:image

シェリー酒の試飲の後は、またちょっと小腹がすいたので、生ハムのサンドイッチを食べました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194518j:image

すごいボリューム!!
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194606j:image

ハムやチーズだけも売っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124194550j:image

あー、スペイン、楽しいなー♪

ヘレスのサン・ミゲル教会もついでに行ってみました。

へレスの大聖堂への入場チケットで、サン・ミゲル教会も見学できるというので、やってきました。外はとっても良いお天気です!

f:id:S_tabearukirecipe:20200123013301j:image

サン・ミゲルは、フランス語でいうところのサン・ミッシェル、つまり大天使ミカエルを祀った教会ということになります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013334j:image

入り口は、白と青のタイルにアラベスク模様が描かれていて、アラブっぽい雰囲気です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013341j:image

入り口の中庭も教会というよりは、モスクの入り口?と錯覚するような感じ。


f:id:S_tabearukirecipe:20200123013330j:image

でも中に入ると、しっかりとキリスト教の教会でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013318j:image

ドーム状の高い天井を見上げたところ。白い壁が特徴的な荘厳な雰囲気の教会です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013357j:image

さらにたくさんのキリスト教の儀式に使われる道具などが展示されていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013303j:image

こちらは司祭が身に着ける衣装。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013350j:image

どれも手製の刺繍がされていたり、一部タペストリーのような織り込みの生地が貼りつけられていて、聖書の中の有名な聖人や場面が再現されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013354j:image
こちらは別の聖壇に祀られているイエスの磔像。かなり古く感じましたが、この教会が作られた16世紀当時のものが一部残っているとのことでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013257j:image

こちらの銀製の装飾品も本当に見事。。。何に使うのかはよく分かりませんでしたが、細かい銀細工を見るだけで溜息が出ます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013315j:image

こちらは教会の中央に設置されてい大聖壇の一つ。豪華な金色のファサードのような中に数々の有名な場面がレリーフの像とともに再現されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013338j:image
こちらはもう一つの金細工の聖壇です。奥には小さいですがマリア像が設置されています。そして、一番トップには、神の全能の目。よくフリーメーソンのマークとかにも使われている目のマークです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013324j:image

天井のドームの装飾も豪華です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013321j:image

こちらは儀式の時に使われる装飾品。
とにかく小さな教会の割には、見どころがたくさんありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013312j:image

さらにまたまた大きな聖壇。
こちらは大天使と堕天使の戦いの場面を描いたレリーフ画です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200123013306j:image

シェリー酒の試飲のために立ち寄ったへレスでしたが、大聖堂と教会の観光でほとんどの時間を使ってしまいました(笑

ヘレスの大聖堂に入ってみました。

へレスの大聖堂は、以前はモスクだったそうです。
その後、ゴシック様式に改築してキリスト教の教会となり、大聖堂となったのは1980年になってからだそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200121184744j:image

大聖堂内の見取り図からもわかるようにかなり見どころのたくさんある大聖堂です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184733j:image

まずはお清めの聖水が入っていた聖水版です。
今は水は入っていませんが、カトリック信者の人は、ここに指をつけて額に十字を切ります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184723j:image

お馴染み、教会内にたくさんあるチャペルの一つ。聖母マリアを祀っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184624j:image

さらにクリスマス、ニューイヤー時期に現れるキリスト生誕の場面を再現したクレッシュ。地方ごとの人々の衣装や、食べ物、建物などが見られて楽しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184727j:image

こちらの祭壇も豪華ですね。真ん中に聖母マリア、上部には復活して人々の前に現れたイエスを描いた絵がはめ込まれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184614j:image

グレゴリオ聖歌でしょうか。昔の楽譜は音符の記号や、拍数が書かれていないんですね。なかなか興味深いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184730j:image

美しい中庭はスペインらしくオレンジの木が植えられていて、真ん中に噴水があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184617j:image

こちらは教会の正面の祭壇に祀られているイエスの磔像です。

正面祭壇よりも、先の聖母マリアを祀った祭壇の方が豪華ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184712j:image

すぐ横の祭壇には別のマリア像が見られます。
スペインのカトリック教会では、聖像が普通の人間のように洋服を着せられていたり、ベールをかぶっていたりします。そのため石像だけの像よりもカラフルに見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184708j:image

こちらは審判の日を描いたもの。
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184740j:image

こちらは偉大な聖人を祀った聖櫃ですが、名前を忘れてしまいました(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20200121184720j:image

さらに同じ入場券で、少し離れたところにある聖ミシェル教会も入れるというので、そこにも行ってみることにします。