海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

プラハの夕暮れに『クレメンティヌム』で小クラシックコンサート

カフェの後、旧市街の町中をふらふら歩いていたら、いたるところでコンサートの案内が出ていました。ウィーンと並んでプラハクラシック音楽の都として知られていて、モルダウの作曲家であるスメタナや、新世界交響曲の作曲家のドヴォルザークなどを輩出した街であり、モーツアルトもこの地で演奏活動をしていました。

シンフォニーのコンサートは日程の関係もあり、早くからチケットを押さえる必要がありますが、教会やプラハ城などでも様々な小コンサートが行われており、観光客が気軽にその日のチケットを買って楽しむこともできます。

 

私は、こちらの『クレメンティヌム』で行われているコンサートに行ってみることにしました。時間は夜6時からということで、ちょうど良いです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190719182253j:image

このクレメンティヌムは1775年から気象観測が行われていた天文塔で、築200年以上の建物です。今回は、天文塔の方には行きませんでしたが、天文塔の上に登るとプラハ旧市街の素晴らしい景色を眺めることができるようです。

 

f:id:S_tabearukirecipe:20190719182012j:image

さらにこのクレメンティヌムには、バロック様式の素晴らしい図書館があるそうで、ツアーに参加すると、先の天文塔と、素晴らしい図書館の見学をすることができるようです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182015j:image

コンサートは、クレメンティヌム内の礼拝堂『鏡の間』で演奏されます。

中に入ってビックリ!なんとも素晴らしい豪華な部屋なんです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182212j:image

時間が早かったので、チェンバロの調律をしていました。

この『鏡の間』は、天井には豪華なフレスコ画、壁には金や大理石をふんだんに使った細工が施されていて、とても美しいです。ツアーでも、この鏡の間を見ることはできるようですが、せっかくならコンサートを聴きながらじっくり眺める方が良いでしょう。
チケットは、23€~30€ほどです。


f:id:S_tabearukirecipe:20190719182050j:image

天井のフレスコ画
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182019j:image

正面にはたくさんの音楽を奏でる天使たちに囲まれたオルガンがあって、とっても豪華です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182138j:image

天井のフレスコ画は礼拝堂の奥まで続いています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182023j:image

席数は200程度でしょうか。こじんまりとしてはいますが、こんなところでクラシックコンサートが聴けるなんて、ムード満点です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182136j:image

ドボルザーク交響楽団プラハのメンバーによる弦楽四重奏チェンバロで演奏されるドボルザークユーモレスクやスラブ舞曲など、スメタナモルダウなどで、チェコの作曲家を満喫した後は、ビバルディの四季、弦楽四重奏プラスチェンバロがなかなか素敵でした。

こんな素敵な場所で、素敵な音楽にどっぷり浸かる、とても素敵なプラハの夕暮れでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719182036j:image

プラハのグランド・カフェ・オリエント

プラハ城観光の後は、プラハ在住の友人とこちらのカフェにやってきました。
このカフェ、プラハでは一位、二位を争うほど有名なカフェだそうです。
その理由は、世界でも珍しいキュビズムのデザインが施されたカフェだから、だそうです。

キュビズムって何だっけ?という方のために。

キュビズムとは、1907~8年ごろにパブロ・ピカソジョルジュ・ブラックらの芸術家によって始められた芸術活動で、いわゆるピカソの絵などでお分かりいただけるように、平面上の絵画の上に三次元の立体を表そうとしたもの。それにより顔の横から鼻や目がはみ出たり、お尻が変な位置にあったりするヘンテコな絵が出来上がったわけですが、そういったリアルな立体を表すことを追求した芸術活動がキュビズムです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711004906j:image

そういう観点でこのカフェを見てみると、たしかに角ばっているところが多く、立体を意識したデザインが多くみられます。まあでも、キュビズムの影響を強く受けたカフェということを知らなくても、クラシックなカフェとして十分に楽しむことができますが。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711004909j:image

外のテラス席が気持ちよさそうなので、外に座ることにしました。二階からは、下の様子が見下ろせるので、人間ウオッチングもできます。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711005015j:image

こちらがメニューです。プラハは観光地の価格は、国際価格ですが、カフェやレストランなどは、パリやドイツなどよりも少し安いです。そのせいもあって、夏にはヨーロッパからの観光客が数多く訪れるそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711005903j:image

二階から見える町並も素敵ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711005009j:image

ちょっと遅めのランチになりましたが、スモークサーモンのサラダとグリルのサンドイッチ。美味しかったです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711005157j:image

こちらは、プラハ名物なのか、このカフェの名物なのか忘れましたが、ハニーケーキです。シュー生地の上にシュガーコーティングがかかっていて、美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711005012j:image

ちょっと優雅な気分でカフェを楽しむには、とっても素敵な場所でした。
久しぶりにあった友達との話も弾み、結局2、3時間くらいゆっくりしちゃいました。

www.tripadvisor.jp

プラハ観光 プラハ城 ダリボルカ塔

『黄金の小道』を出て、プラハ城観光の最終地、『ダリボルカ塔』にやってきました。

この塔は牢獄として使われていたということで、当時の拷問器具などがあるそうです。

怖~い。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711003850j:image

中に入ると、さっそくなんだかおどろおどろしい感じの鉄格子の牢屋が見えました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003857j:image

塔の下へは階段で降りていきます。薄暗くてひんやりした塔の下には、予想通り、たくさんの拷問器具が展示されていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003846j:image

こんなの、どうやって使うんだろう。中に人を入れて閉じ込めるんでしょうか。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003906j:image

こちらも拷問器具でしょう。が、どう使うのかはよくわかりません。
他にもたくさんありましたが、よく見ると眠れなくなりそうなので、サッサと外に出てしまいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003853j:image

ご覧のとおり、あまり長居したい場所ではありません。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003916j:image

外に出ると、とっても良いお天気。一面の青空に下にプラハの町が広がっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003902j:image

プラハ城は、ちょっと小高い丘の上にあるので、プラハの街並みがよく見下ろせるんです。この坂道を下って、メトロ駅に向かいますが、この道も風情があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003913j:image

こんな像があったりして。誰だかわかりませんでしたが。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003925j:image

途中、ちょっと隠れ家風のカフェもありました。
友達と旧市街でこの後会う予定だったので寄りませんでしたが、プラハの街並みを見下ろしながら、コーヒーを飲むというのもなかなか良さそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003922j:image

プラハ城、ちょっと時間はかかりますが、行ってみて損はありませんでした。
ただし、夏に行く際は、かなり混雑しますので、朝一で行くことをお勧めします。
さらにチケットは二日間有効なので、朝と夕方に分けるなど、なるべく混雑を避けて行ってみてください。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003910j:image

プラハ観光 プラハ城 黄金の小道

プラハ城観光、Bチケットで入れるスポット、続いては『黄金の小道』に向かいます。
殆どの観光客が、同じルートで観光するので、迷うことはありません。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711003623j:image

しかし凄い人です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003707j:image

ジー教会を裏から見るとこんな感じ。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003635j:image

『黄金の小道』の前には、チケットチェックがありました。自動ゲートにチケットをかざして入場します。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003632j:image

とっても可愛らしいメルヘンチックな家々が連なっています。

ここはもともと召使いや見張り番たちが住んでいた場所だそうで、今では小博物館や土産物屋さんになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003652j:image

入ってすぐに鎧のお出迎え。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003609j:image

中世の武具、鎧、甲冑などがずらりと展示されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003641j:image

こんな面白い顔の鎧もありました(笑
戦う前に笑っちゃいそう。。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003615j:image

当時の貴族たちの衣装もありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003700j:image

こちらは拷問部屋。。。

こんな椅子に座らされると思うと、ゾ~っとします。痛そう(>_<)
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003703j:image

さらに拷問器具の数々。恐ろしいので、さっさと退散。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003649j:image

武具博物館から外に出て、小さなお土産屋さんを一軒一軒覗くと、当時の暮らしを再現した展示がたくさんありました。召使いや小間使いの人たちが使った寝室。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003655j:image

キッチンの一角。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719174259j:image

別の寝室。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003612j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20190719174344j:image

当時のミシン。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003629j:image

当時の暮らしぶりの分かる貴重な展示です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003626j:image

外はこんな感じの小さな家々が並んでいて、展示とともに、たくさんのお土産が売られていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190719174435j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20190719174517j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20190719174520j:image

こちらはダイニングの展示。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003617j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003605j:image

この後は、ダリボルカ塔に向かいます。

プラハ観光 プラハ城 聖イジー教会

旧王宮を出て広場を少し歩くと、こちらの赤いレンガ造りの可愛らしい教会に着きます。ここは聖イジー教会です。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711003224j:image

こちらは出口の方です。同じ正面に入り口と出口があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003318j:image

早速、中へ入ってみます。この教会は10世紀ごろに建てられたものということで、中世を思わせる雰囲気があります。その後、火災や修復によって何度も改築されているようです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003300j:image

ロマネスク様式の教会ということで、ゴシック様式を見慣れた私の目には新鮮に映りました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003232j:image

これは『聖ウルシュラの殉職』を描いた絵画。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003254j:image

聖堂の手前にはバロック式階段があって、誰でもここを通り抜けることができます。
奥の天井はフレスコ画だそうです。窓から差し込む眩しい光にフレスコ画は色あせてしまっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003310j:image

これは祭壇側から正面入り口部分を撮ったものです。
二階部分の壁にも小さな窓のようなものがいくつもあって、これも珍しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003307j:image

こちら、階段手前に展示されているのは『ヴラティスラフ1世のお墓』だそうです。この人は聖イジー教会を創設した人と言われています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003251j:image

階段を上がると、『聖ルドラミ礼拝堂』というチャペルになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003241j:image

こちらは右側奥のフレスコ画
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003247j:image

宗教画がたくさん飾られています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003244j:image
ここは、バロック様式で建てられた『ヤン・ネポムツキーの礼拝堂』です。
ロマネスク様式とは違って、豪華にゴテゴテと飾りがたくさんついています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003228j:image

天井部分はドームになっていて、宗教画が描かれています。
バロック様式は、ローマの教会や聖堂を思い出させてくれます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003235j:image

教会特有の装飾品の数々。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003304j:image

こちらの聖母マリアと幼子キリストの絵は素敵ですね。光が強すぎて、ちょっと色がよくわかりませんが。。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711003313j:image

聖イジー教会、なかなか見どころがありました。

プラハ観光 プラハ城へ行く 旧王宮

聖ヴィート大聖堂を出て広場の方に回ると、オベリスクのような石柱がありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20190711002915j:image

そして、ここからだと、大聖堂の全景が収まります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002901j:image

第三の中庭といわれる広場ですが、ここが一番メインの中庭という感じがします。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002941j:image

大聖堂は中だけでなく、外観も豪華なんですね。
一度中を見てから、こうして外から眺めてみると、あ、このステンドグラスはあれかな?などと推測できて楽しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002904j:image

さて、プランBコースのチケットには、大聖堂以外にも他の施設の入場チケットがついています。第三の中庭の端にある旧王宮に入ります。
王宮といっても中はかなりガラーンとしていて、豪華な王宮とはずいぶん違った地味な建物です。
ちなみにこちらのホールがこの旧王宮の一番の見どころです。この天井部分が特徴的です。これは柱を使わずに天井を支える建築技術が使われているそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002923j:image

大広間を抜けると、小部屋に繋がっています。これは小部屋の中に展示されていた本箱。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002933j:image

そして旧王宮の二階に上がってみると、天井いっぱいに紋章が飾られていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002953j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002906j:image

詳しく知りたい人用に、説明用の展示もありました。

壁に展示されている紋章は、16~18世紀にかけて重要な拠点を領土としていた各王族や貴族または公国の紋章だそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002918j:image
これはフランスでも同様のものを見たことがありますが、ヨーロッパの寒い冬には欠かせない暖房器具の一つで、中にお湯を入れることで、全体から湯気が出てきて暖まるというもので、中世からお城や宮殿などで使われていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002957j:image

こちらは王冠や杖などの展示。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002945j:image

ここは議会の間。国王と貴族の会議や裁判などが行われていた場所です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002910j:image

そしてこの議会の間に飾られている肖像画
どこかで見たことあるな、と思ったら、フランツ1世とマリア・テレジアでした。
おそらくハプスブルク家がこの地を一時支配していたのでしょうね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190711002920j:image

次は聖イジー教会に進みます。

プラハ観光 プラハ城へ行く 聖ヴィート大聖堂 その2

ミュシャのステンドグラスの他にもたくさんの見どころがあったので、それらをご紹介したいと思います。
写真(下)は、他の大聖堂でもよく見かけるらせん階段ですが、デザインの美しさとその大きさともに素晴らしいです。

f:id:S_tabearukirecipe:20190710163936j:image

バラ窓です。こちらもステンドグラスの色が美しく、聖堂内に差し込む光と調和して厳かな雰囲気を演出しています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163920j:image

美しいパイプオルガンです。
角度があまりよくないので、ちょっと見えにくいですが、豪華な装飾が施されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163747j:image

若い司祭の二体の彫刻。いずれも黄金に輝いています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163742j:image

主祭壇の奥にあるステンドグラス。美しいですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163800j:image

そしてそのステンドグラスの下には、黄金の主祭壇が配置されています。
二階部分からは明るい陽射しが差し込み、一階部分の窓はすべてステンドグラスです。
本当に美しい光の世界が広がります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163851j:image

至る所にかけられている宗教画。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163924j:image

こちらは聖ジキスムントの礼拝堂と呼ばれているそうです。鮮やかな赤色ベースの柱に金の装飾を施した祭壇が特徴的です。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163847j:image

とにかく見どころがたっぷり。じっくり見ていても飽きません。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163857j:image

こちらもミサに使われる階段ですが、やはり装飾が凝っていますね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163807j:image

赤と金色はこの聖堂ではよくみられます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163900j:image

こちらのチャペルも本当に素敵です。
両脇の壁画、そして天井部分の装飾、中央のステンドグラスと祭壇、小さいけれど豪華な装飾の見事さにしばし時を忘れてしまいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163844j:image

壁画部分のズームです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163905j:image

キリスト処刑の際の有名な場面が描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163821j:image

こちらは木製のレリーフ。あまりに大きいので正面からは撮れませんでした。
プラハ城からカレル橋や旧市街にいたるプラハの街並みを掘ってあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163755j:image

こちらはチャペルの前にある門の一部。素晴らしい装飾ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163841j:image

数々の美しい小チャペルが並びます。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163913j:image

こちらは『聖ネポムツキーの墓』を祀っている場所で、彼はチェコ守護聖人といわれている人物です。国王に疑われて、カレル橋から突き落とされて命を落としたことで知られています。純銀によって作られているという墓は、ずっしりと重厚で、荘厳な輝きを放っていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163933j:image

反対側に回ると、下に突き出した天井が特徴的な王室礼拝堂があります。
こちらも上部には美しい彫刻の数々。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163926j:image

とにかく所狭しと様々な彫刻や装飾品が施されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163811j:image

こちらはレオポルト・シュリック伯爵の墓碑だそうです。何をした人なのかはわかりません(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163838j:image
ここは聖ヴァーツラフのチャペル。チェコの聖人であるヴァーツラフ1世のために捧げられたチャペルだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163941j:image

残念ながら中に入ることはできないので、外から写真を撮るのみですが、その壁には聖ヴァーツラフの伝説やキリストの受難にまつわる話が描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20190710163833j:image

聖ヴィート大聖堂、本当に素晴らしかったです。