海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

ロンドンの原宿、カムデン・タウンを歩く

大英博物館の後は、Camden Town(カムデン・タウン)にやってきました。

1974年からリージェンツ運河のそばに立ち並んでいた倉庫群が改築されて、工芸家やさまざまな芸術家たちの仕事場となったそうで、現在では、奇抜なロンドン・ファッションの発祥の地、さながら東京の原宿といったところでしょうか。

カムデン・タウンはチューブの駅もあるので、気軽に来ることができます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010055j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171214010154j:image

スコーピオン、ダークエンジェルなど、怪しげなビルが並んでいますが、危ないエリアではありません。夜だからなんとなく暗く見えますが、昼間来れば観光客で賑わっています。売っているものも、お土産屋さんとか、奇抜なファッションの洋服とか、面白い雑貨とかが中心です。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010152j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171214010156j:image

ストリート内のお店は写真撮影禁止のお店が多いです。
ここはオッケーだったので一枚撮りました。まさに原宿っぽいですよね。ちなみに値段は高いです。でもここでしか買えないファッションとして、ロンドンっ子たちや観光客が買うんでしょうね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010218j:image

下にもお店は続いています。ピアスやタトゥーのお店などもたくさんあります。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010225j:image

 クリスマス・デコレーションもありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010249j:image

ここは、サイバーボーグというSFがテーマのお店。中の写真は撮れなかったのですが、とにかく面白い。SFっぽい服を着たロボットが踊っていたり、SF映画に出てくるような服が売られていたり。中はけっこう広くて、地下もあります。ただし、値段はかなり高いので、誰が買うのかしら?と思ってしまいます(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010257j:imageここはシリアルの専門店!シリアル、つまりコンフレークなどの朝食用のシリアルが何百種類とそろっています。そして、それを店内で注文したり、ブレンドさせたりして、好きなトッピングをそえて食べるというもの。シリアル文化の英国ならではのお店ですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010312j:image

ファーストフードのお店もたくさんあります。この日は平日のしかも夜と言うか夕方だったので、あまりお店が賑わっていませんが、週末ともなれば、世界中のストリートフードの屋台が並び、それを買う観光客でにぎわうそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010328j:image

街歩きの後は、ラベンダー・ヒルという場所にあるDonna Margheritaという友人のおすすめのイタリアン・レストランに連れて行ってもらいました。
友達にイギリス料理じゃないの?と聞いたら、冗談半分に美味しいものが食べたければイギリス料理の店には行くな、と言われました。まあ、たしかにイギリス料理は量は多いけれど、味はイマイチというお店もありますが、最近ではだいぶ改善されたと聞いていたんですけどね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010346j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171214010355j:image

さて美味しいもの食べるぞー!

これは、ラビオリのロブスター添え。これで前菜のサイズというんだからびっくりです。美味しそう♪

そして、もちろん美味しかった~!!

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010405j:image

メインには、ポルチーニのパスタ、トリュフ添えを選びました。
トリュフの香りが口中に広がります!あー、美味しい。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010419j:image

友人が頼んだメインは、ロブスターとムール貝リングイネパスタ、トマトソース。
これも美味しいけど、私のトリュフのパスタの方が美味しかったです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010439j:image

食後にサービスで、メロンのお酒(Meloncello)を出してくれました。甘くてとても美味しかったです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171214010446j:image

 

www.travel.co.jp

 

www.tripadvisor.jp

ロンドン観光 大英博物館巡り

ロンドン二日目からは、ダブルツリー・ヒルトンホテルに宿泊しました。
ここは大英博物館まで徒歩10分というとても便利なロケーションにあります。
ホテルは朝食付きだったので、イングリッシュ・ブレックファーストの朝ごはんをしっかり食べました。ちなみにフル・イングリッシュブレックファーストは、だいたいこんな感じですかね。これにカリカリベーコンがつきますが、脂っこいのでベーコンはパスしました。

お店や提供される場所にもよりますが、フル・ブレックファーストの中身はだいたいこんな感じです。

トースト
タマゴ料理
ソーセージ
ブラックプディング
ハム
ベーコン
ベイクドビーンズ(トマトソースで煮込んだ白インゲン豆)
焼いたトマト
マッシュルームソテー
ポテト料理
紅茶
オレンジジュース

 

f:id:S_tabearukirecipe:20171213030019j:image

あー、朝からお腹いっぱい。
朝食会場にもクリスマスツリーが飾られていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213030048j:image

さて、DoubleTree Hiltonホテルを9時半に出発して、徒歩で大英博物館(博物館は10時開館)に向かいます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213030112j:image

中心地だけあって、街並みもなんだか洗練されています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213035242j:image

店構えもロンドンっぽい(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171213035325j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213035338j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213040355j:image

さて本当に10分くらいで大英博物館に着いちゃいました!
平日だし、朝早いので人もそれほど多くはありません。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040411j:image

セキュリティーチェックを済ませて中へ。
すごい広さです!もちろんこちらも無料。館内案内マップは白黒版は無料ですが、カラーだと2ポンドします。博物館がタダなんだから、2ポンドくらい払ってもいいですよね。ちなみに私はクロークにコートを預けましたが(2ポンド)、館内1階は特に寒すぎてコートを取りに戻りました(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040445j:image

オーディオ・ガイドは6ポンドだったので、これも借りました。これがあると見どころがハイライトされてて良いと思います。もちろん日本語設定もできます。日本語→英語の切り替えの仕方も教えてもらえば、数多くの作品の説明を聞くことができます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040633j:image

では、さっそく1番目の見どころからご紹介。
ジャーン

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040506j:image

この石、そうです、ロゼッタストーンです。ナポレオン遠征時代にエジプトで発見されたこのロゼッタストーンは、エジプト考古学史上最も重要な発見物と言われています。この碑文は三種類の言語、古代エジプト語の神聖文字ヒエログリフと民衆文字、ギリシア文字の三種類の文字で記述されています。当時、エジプト文字は大半がまだ解読されていなかったのですが、このギリシア文字が同時に記されていることで、解読が進んだと言われています。

石を上からよく見ると、異なる文字で書かれているため、三層に分かれているように見えますね。上から、ヒエログリフ、エジプト民衆文字、ギリシャ文字です。

碑文の内容は、プトレマイオス王朝のプトレマイオス5世を称え、プトレマイオス5世などに対する皇帝礼拝の実施方法を記したものだそうです。

さすがに大英博物館の一番の人気展示品だけあって、朝でも人だかりができていました。

 

そして、この部屋には古代のエジプトの貴重な美術品や像、さらには門までも展示されています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040605j:image

こちらはエジプト王、ラムセス2世の胸像。在位は、紀元前1279~1213年で、第19王朝のファラオです。ラムセス2世って、名前だけは聞いたことがあるけど、こんな巨大の像を作らせるくらいだから、さすが偉大な王だったんですね。右胸の銃弾の後は、ナポレオンが運び出そうとしたときに開いたものだそうです。

 

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040715j:image

こちらはあの黄金のマスクで有名なツタンカーメンの像。19歳の若さで亡くなったファラオ。
ツタンカーメンの墓を発掘した考古学者たちが次々と謎の死をとげたりして、ツタンカーメンの呪いとして聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040723j:image

なんだ?これは?スフィンクスのようだが猫?

そう、これは猫の像です。1939年にゲイヤー・アンダーソンが寄贈した猫の像は、紀元前600年頃の作品と言われています。この時代、猫は豊穣の女神バステト神の化身とされ、聖獣として崇められました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040830j:image

この柱、見てください。
これもエジプトにあった神殿の柱なんですが、こんな大きなものをよくここまで運んできたなーと思いますよね。これだけの規模と数のコレクションを誇る大英博物館ですが、コレクションの本国からは展示品を返却するように要求されていたりするので、略奪博物館などと揶揄されるのも、仕方のないことでしょう。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040841j:image

こちらはいろいろな神々の像。(プレートの写真を撮り忘れたので、名前がわかりません)

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040911j:image

これはアメンホテプ3世の像の頭の部分。下の写真は腕の部分。これだけ見ても、その全体がどれだけ大きなものだったかがわかります。

第18王朝 紀元前1390年のカルナックのムート神殿にかざられていたものだそうです。頭部の高さは2.9メートル。胴体部分もムート神殿にあり、神殿を見下ろす位置に据えられていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213040922j:image

これだけでも広大な大英博物館のほんの一部にすぎません。エジプトコーナーは2階にミイラの展示があり、1階部分はこのほかにもアッシリアギリシャなどなど続くのです。このブログでは、また後日、大英博物館のコレクションのつづきを紹介をしたいと思います。

 

welove.expedia.co.jp

ロンドン観光 街歩きクリスマスライトアップ

ナショナル・ギャラリーを十分満喫した後は、友人と待ち合わせてロンドンの中心地をぶらぶら歩きすることにしました。

まだ4時なのにもう夜ですね。本当に冬のロンドンは日が暮れるのが早いです。
その分、クリスマス・ライトアップが長く楽しめる!と前向きに考えることにします。

さて、友人とはトラファルガー広場で待ち合わせをして、そのままピカデリー方面に向かいます。やっぱり建物がカッコいいと絵になりますね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031450j:image

ピカデリー・サーカスです。名前だけは聞いたことはありましたが、ロンドンのシティー・オブ・ウェストミンスターであるこの場所は、劇場やデパートなどが密集しているいわゆる銀座みたいな場所です。

 f:id:S_tabearukirecipe:20171214005820j:image

ここからRegent(リージェント)通りを歩きます。町はクリスマス・イルミネーションの真っ盛り。観光客や地元の人で賑わっていますf:id:S_tabearukirecipe:20171213031601j:image

こちらは、Regent通りの高級ホテル、カフェ・ロイヤルのパティスリーのウインドウです。洗練されたデザインの小ぶりのケーキが並んでいる感じはパリっぽいですね。
お値段ももちろんパリ並、というかそれ以上!

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031610j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213031623j:image

こちらは、リージェント通りの雑貨屋さん、Anthropoligieです。売っている雑貨だけでなく、お店自体のディスプレイや内装などもとってもお洒落でカワイイ感じなので、見ているだけでも楽しめます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031649j:image

階段の途中にこんなピアノが置いてあったり。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031653j:image

これ、なんだと思います?
よく見ると一個ずつがカップの形をしてますよね。
実はこれ、クリスマスツリーの形をした計量カップなんです。
といっても、クリスマスシーズンしか使えないけど(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031704j:image

こちらは、Hamleysという有名なおもちゃ屋さんのクリスマス用ショーウインドウ!
大きな目をした可愛いぬいぐるみがたくさん飾られています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031714j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213031730j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213031741j:image

ここからはイギリスの老舗デパートが連なるOxford通りです。ここは、また一段とイルミネーションが豪華。

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031810j:image

庶民派デパートJohn Lewisの隣に続くのは、ロンドンの高級デパートSelfridgesのショーウインドウ。こちらも気合が入っています!

f:id:S_tabearukirecipe:20171213031840j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213031955j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213031953j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171213032052j:image

 さて、夜の街歩きは身体が冷えるので早々にひきあげます(笑
この後は、友人の家で手料理をご馳走になりました。


パルメザン、ルッコラ、マッシュルーム、トマトのイタリアン風サラダ

f:id:S_tabearukirecipe:20171210213511j:image

ガーリックトースト

f:id:S_tabearukirecipe:20171210213530j:image

そして自家製のラザニア!

f:id:S_tabearukirecipe:20171210213545j:image

 どれもとても美味しかったです♪♪

ロンドン観光 ナショナル・ギャラリー巡り (その1)

昨日、ソリフルからロンドンまで電車で移動しました。
ちなみにソリフルからは、Virgin Trainsという鉄道の格安サイトを使って、バーミンガム国際空港の列車駅発、ロンドンのEuston駅まで、片道15ポンドでチケットをゲットしました。ちなみにスーパー・オフピークという一番安い種類のチケットなので、2時間ちょっとかかりましたが、どっちにしろロンドン到着は夜なので、安いチケットを選びました。

昨夜は、オバール駅にある友人宅に一泊させてもらいました。
建物がいかにもイギリスって感じです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172448j:image

二階建てバスも走ってる(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172509j:image

こちらは、立ち寄りませんでしたが、駅の近くの教会。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172523j:image

地下鉄オバール駅です。
ちなみにロンドンの地下鉄は、Tube(チューブ)と呼びます。Undergroundでも通じますが、Tubeと言ったほうがより通な感じがします(笑
ロンドンの地下鉄を使う場合は、Oyster Cardというスイカのようなカードを購入すると便利です。ちなみにイギリスは物価が高いので、2,3日間の移動でも20ポンドくらいはすぐ使ってしまいます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172530j:image

さて、地下鉄の構内の様子。パリのメトロと比べるとかなりきれいな気がします(笑
パリ、どんだけ汚いんだ?って感じですね。
ちなみにロンドンのチューブに乗る際は、地下鉄マップを窓口でもらうか、携帯にダウンロードしておくと便利です。自分が常にどの方角に向かっているか(東方面行、西方面行など)で、プラットホームに迷わず進めます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172549j:image

ロンドン市内のWest End地区にあるCharing Cross駅で降ります。トラファルガー広場や、ナショナル・ギャラリー美術館の最寄駅です。地下鉄ごとにデザインが違うのも面白いですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172607j:image

さて、本日のロンドン観光の目的地は、ナショナル・ギャラリー美術館です。なんといっても冬のロンドンは極寒です。しかもお天気が崩れることもしばしば。夏ならテムズ川沿いに散歩したりするのもいいですが、冬は暖かく美術館、博物館めぐりをしよう!と、前回来た時に決めていたのです。
しかも、ロンドンの美術館、博物館は一部の企画展をのぞいて、入場料が無料!!なんです(太っ腹ですね)。この物価の高いロンドンで、ただで観光できるなんてこんなに嬉しいことはありません。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172623j:image

トラファルガー広場方面に向かって歩いていきます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172642j:image

ナショナル・ギャラリーが見えてきました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172701j:image

こちらは朝のトラファルガー広場。朝なので空いてます。トラファルガー広場は、1805年のトラファルガーの海戦における勝利を記念して作られた広場だそうで、よく政治演説が行われたり、観光客が写真を撮りまくったりする場所です(笑
このトラファルガーという名、名前だけは聞いたことがありましたが、スペインのトラファルガー岬に由来するそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172709j:image

さて、本日のメイン、ナショナル・ギャラリーです!ナショナル・ギャラリーは王侯コレクションを収容した美術館ではないという点で、他のヨーロッパの大美術館とは異なるんだそうです。コレクションは、保険ブローカーだったジョン・ジュリアス・アンガースタインが収集した38点の絵画から始まったとか。現在では2,300点以上の作品が展示されています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172723j:image

入り口は、こちら。一応、手荷物チェックがあります。
それから、入場無料ですが、館内の維持費などを寄付で賄っているため、入り口のところに大きな寄付ボックスがあります。私は、寄付はしませんでしたが、オーディオ・ガイドやガイドブックなどを購入しました。ちなみにオーディオ・ガイドは4ポンド、ガイドブック(日本語版もあります)は、約15ポンドです。さらに、入ってすぐのところにクロークがあるので、コートやマフラーなどはそこに預けられます。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172739j:image

ヨーロッパに住んで、一番恵まれていると思うこと一つは、それは数々の西洋美術の本物が身近にみられることです。日本では、やれ、レオナルド・ダ・ヴィンチが来るー!とかフェルメール展だー!とか騒がれて、はるばる美術館まで出かけて行っても、だいたい一点から数点の有名作品のみで、それもものすごい人だかり。。じっくり鑑賞したくても、1分ほど立ち止まったら、後ろの人のためにその場を譲らなければなりません。それが、ヨーロッパの美術館では、有名作品が目白押しであるばかりか、時間帯によっては、ほとんど人がいないためじっくり鑑賞できるんです!これは美術ファンだけでなくても、少々、美術に興味のある人には非常に嬉しいことだと思います。

 

私個人も、美術はまったくの素人ですが、作品を見るのは好きで、とくに西洋の絵画作品が好きです。たまにNHK日曜美術館なんかを見ると、作品の背景やうんちくを、なるほどーと思って納得したりして。

というわけで、今回のナショナル・ギャラリーは楽しみにしていました。
とにかく作品数が多いので、すべてを見るのは当然無理ながら、主要作品だけでもかなりの数。ということで、自分用の備忘録も兼ねて、何回かに分けて作品を紹介していきたいと思います。

f:id:S_tabearukirecipe:20171208043623j:image

2階の左側は14世紀、15世紀の宗教画、イタリア美術の画家の作品が中心に展示されています。上の作品はボッティチェリーの「ヴィーナスとマルス」。ベンチか長持などの背板として使われていた可能性が高いそうです。愛と美の女神ヴィーナスが、恋人である軍神マルスが眠っている間、目を覚まして見守っている様子を描いたもの。いたずら好きのサチュロス(半身人間で半身ヤギ)の子供が耳元でほら貝を吹いている。ヴィーナスのドレスの半透明性を実現した技法が高く評価されている。

f:id:S_tabearukirecipe:20171208043638j:image

これはイタリアの画家、ラファエロの「モンドの磔刑図」。イエス・キリストが処刑されるところを描いた作品。はりつけにされたイエスの血を聖杯で受け止めている2人の天使。そして、イエスの左側には、ひざまずくマグダラのマリアとその後ろに佇む福音書記者ヨハネがいる。反対側には聖母マリアが立ち、祭壇に祀られていた聖ヒエロニムスがひざまずいている。宗教色の強い作品。

f:id:S_tabearukirecipe:20171208043702j:image

イタリア人画家、マンテーニャの「ゲツセマネの園の苦悩」。この絵は、最後の晩餐の後、キリストが祈りをささげるために弟子たちと一緒にエルサレムを出たが、弟子たちは、祈るどころか眠りこけてしまっているという場面を描いたもの。奥の方には、キリストを捕まえるためにやってくる兵士たち、先頭にはユダがいる。

 f:id:S_tabearukirecipe:20171213024313j:image

こちらは同じテーマをベリーニという別の画家が描いたもの。聖書のエピソードはイタリア美術の伝統的主題の一つであったため、多くの画家に描かれた。ベリーニとマンテーニャは義兄弟で、もちろん影響を受けているが、日の出の描写をしているところが注目されている。この日の出を描くことによって、この場面が一日のうちのいつなのか、そしてキリストが長い苦悩の夜を過ごし、ついに受難を受け入れるに至ったことを暗示している。

 

以上は、ナショナル・ギャラリーのガイドブックを参考に注釈を入れてみました。他にもたくさん素晴らしい作品がありましたが、長くなるのでこれくらいにします。

美術館内は絵だけでなく館内の装飾も素晴らしいです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171208043715j:image

 

 

www.virgintrains.co.uk

 

 

uk-kankou.com

ソリフルのタイレストランでディナー

久々に会った友人がお勧めのタイレストランに連れて行ってくれました。
友人はタイ人なので、彼女が連れて行ってくれるところなら期待できます!
辺りは真っ暗、そしてとても寒いですが、こんな寒いときにタイ料理を食べると気持ちだけでも暖かくなります(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004051j:image

7時前に来ましたが、もうけっこうお客さんが入っていました。空いているテーブルの予約席だそうで、私たちは運よくラストのテーブルをゲットすることができました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004118j:image

タイ料理は大好きですが、ふだんあまり食べたことがないものを、友人に注文してもらいました。

ジャーン!!美味しそうですね!!

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004141j:image

一品目は、Choo Chee Pla Muekという料理で、イカのレッドカレーソース炒めにレモングラスやカフィーライムリーフで風味を添えたもの。かなり辛かった(たぶんこの日貯めたものの中で一番辛い)けど、美味しかったです。レモングラスとカフィーライムリーフのコンビは最強ですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004204j:image

こちらは、Ped Thod Krop in Tamarind Sauce(揚げた鴨肉のタマリンドソース和えにパイナップルとカシューナッツブロッコリーが添えられています)。
これは全然辛くなく、むしろタマリンドの甘酸っぱいソースで、ご飯が何杯も食べられるという感じ。こちらも美味しかったです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004308j:image

これはPanang Curry チキンのパナン・カレーです。タイに行ったときの料理教室でパナンカレーは覚えていたので、食べてみました。パナンカレーはピーナッツがベースのカレーペーストを使ったタイカレーで、コクがあってまろやかで、とっても美味しいです。こちらは辛口で注文しましたが、それほど辛くありませんでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004152j:image

 アパタイザー(前菜)といっても、タイレストランでは最後に出てきたりします(笑
まあ、美味しいからいいんですけど。こちらはおなじみのタイ風揚げ春巻き。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004238j:image

そして蟹肉のシュウマイ。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004257j:image

どれも美味しくてペロッと平らげてしまいました!
まさかイギリスに来て、こんなに美味しいタイ料理が食べられるとは思っていませんでした。友人に感謝です。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004336j:image

お店の内装もタイから直輸入した内装品がたくさん飾ってあって、とても良い雰囲気でした。

f:id:S_tabearukirecipe:20171206004346j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171206004403j:image

これは、真ん中でアロマオイルがたけるようになっている置物ですが、素敵ですね。レモングラスのオイルの良い香りがしました。

 

www.tripadvisor.jp

イギリスのケーキ屋さんでティータイム

12月のイギリスは、外は寒い上に、3時半には日が暮れてしまうので、お茶タイムはたっぷりあります。久しぶりに合った友達とゆっくり話をしたかったので、ソリフルのケーキ屋さんにきてみました。

イギリスのティータイム、といいながら、このお店はウィーンのケーキ屋さんのようですが、細かいことは気にしないことにします。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172105j:image

クリスマスシーズンというだけあって、クリスマスにちなんだケーキやお菓子がたくさん店頭に並んでいました。
スノーマンのカップケーキ♪ カワイイですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172111j:image

そしてこちらは、イギリスのクリスマスに欠かせないMince Pie(ミンスパイ)です。
タルト生地の中に、ドライフルーツたっぷりでつくった餡(これがミンス)を入れて焼き上げたもの。キリストの生誕をお祝いにきた東方の三博士が持って来た宝物のうちの一つ、没薬(もつやく)がこのパイの起源だそうです。
まずい、とか言う人もいますけど、私はこれ、意外に好きです。シンプルで美味しい。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172126j:image

そしてアーモンド・マジパン・フルーツ。これもイギリスの伝統的なお菓子らしいです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172132j:image

こちらのショーケースの中は、上段がおなじみにスコーン。スコーンといってもいろいろ種類があります。そして、下段はフルーツのプチタルトやエクレアなど。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172136j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171207172151j:image

さらにトナカイの顔を模ったチョコレートケーキや、ダークチェリーのケーキなどもありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172158j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20171207172212j:image

でも、なんていうか。。。
フランスのパティスリーを見慣れてると、やっぱりイギリスのケーキっていまいち美味しくなさそうに見えますね。作りもなんとなく雑な感じがします。
ということで、私はケーキはやめてスコーンとアールグレー紅茶を注文しました。
スコーンといえば、やっぱりイギリスですよね。ここはクロテッドクリームがなくて残念。濃い生クリームを泡立てたクロテッドクリームは、とても美味しいんです。
そして、ジャム。ん?なんだ、これ、ボンママン(→フランスのジャムメーカー)じゃん!なんだ、全然イギリスっぽくないね~。
などと言いながら、ティータイムの楽しいひと時を過ごしました。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207172218j:image

イギリス旅行、ソリフルのクリスマスマーケット

バーミンガム国際空港の近くのソリフル(Solihull)という町に友達が住んでいるので、久しぶりに遊びに行くことになりました。今回、ソリフルには1泊2日、その後、ロンドンまで電車で出て3泊の予定です。

ソリフルは、バーミンガムから約10kmほど離れた静かな町です。
今日は、さっそくクリスマスマーケットを見に行きました。

フランスと同様、町の中心地にクリスマスマーケットとして、いろいろな屋台が並びます。クリスマスのプレゼントを買ったり、ぶらぶら歩きをする家族連れなどで賑わいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20171207071129j:image

こちらはイタリアのクッキーやお菓子を売っているお店です。美味しそうですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071211j:image

これも同じお店。ビスケットが主ですが、ものすごい種類がたくさんあります。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071218j:image

こちらはトルコ菓子。バクラバなどといったパイ生地に甘~い蜂蜜をたっぷりと染み込ませて、ナッツをたっぷり使った焼き菓子が並んでいます。
イギリスは移民が多いので、こうしたトルコ人のお店や、イタリア人のお店など、移民のお店がたくさん出ています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071231j:image

これはScrummy Chocolate(スクルミー・チョコレート)という名前のスポンジケーキの上からチョコレートのコーティングがかかっているイギリスのお菓子。チョコはマーブルだったり、ホワイトチョコだったりいろいろあります。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071322j:image

こちらは、ファッジという砂糖、練乳、バターを混ぜ合わせて固めたとっても甘いイギリスのお菓子です。フランスでもよく見かけますが、もともとはイギリスのお菓子だそうです。メープルシロップやキャラメルなどを混ぜ合わせて、いろいろなフレーバーがあります。奥にある四角い形が本来のファッジ。手前のグラス入りのものは、最近考案されたお洒落なファッジだそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071333j:image

こちらはCider(アップル・サイダー)の専門店。アップル・サイダーは、フランスではシードルと呼ばれるリンゴから作られたお酒のこと。アメリカではノンアルコールのものもあるようですが、ヨーロッパではたいてい微量のアルコールが含まれています。

f:id:S_tabearukirecipe:20171210203408j:plain

サイダーやビールを飲むための木彫りのカップ。なかなか味がありますね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071343j:image

f:id:S_tabearukirecipe:20171210204014j:plain

雑貨やお部屋のデコレーショングッズなど。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071430j:image

暗くなったらライトアップされるトナカイのイルミネーション。

ここで、あまりにも寒いので、近くのお店に入って雑貨を見ることにしました。
イギリスらしいデザインのギフトパッケージ。お土産にいいですね。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071400j:image

こちらのキャンディーハウスは、ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家みたいです。
こんなキャンディー、どうやって食べるのか?

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071445j:image

こちらはイギリスおなじみのジンジャー・ブレッドマン(人の形をしたショウガ入りのクッキー)です。寒いヨーロッパではこの時期、風邪や病気防止のために、ショウガ入りのお菓子を作ってクリスマスに食べていたそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071531j:image

さてまだ3時ですが薄暗くなってきました。この時期のイギリスの日暮れは3時半。。。
なんとも寂しいですね。パリでは4時半に日が暮れますが、イギリスはさらには早いです。

f:id:S_tabearukirecipe:20171207071553j:image