海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

セビリア 大聖堂近くのインディアス総合古文書館に行ってみました。

翌日は、大聖堂の見学チケットを予約してあったので、時間まで周りをぶらぶらすることにしました。

大聖堂です!昨日、夜のライトアップで見ましたが、昼間見ても素敵です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200205003135j:image

大聖堂周辺の広場には、観光客向けの馬車が数台停まっていたり、仮装をしている人もいました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003055j:image

大聖堂の入り口は、すごい行列です。
こちらはチケット予約をしていない人の列なので、予約済みの人はこの列をすり抜けて入ることができます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200205003151j:image

大聖堂の横に、インディアス総合子文書館という建物があり、ここは無料で見学できるようなので、行ってみました。庭にはヤシの木が植わっていて、やっぱり暖かいんだな、と思いました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003132j:image

こちらがインディアス総合古文書館の建物。無料で入れるということもあって、並んでいます。20分くらい並ぶそうですが、一応入ってみようということになりました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003139j:image

夫に並んでもらっている間に、庭の写真を撮りに来ました(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003058j:image

さて、いよいよ中に入りました。モザイクタイルの床が美しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003146j:image

建物の模型
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003108j:image

この建物は、ユネスコ世界遺産に登録されているようで、元はセビリアの商品取引所だったそうです。アメリカ大陸やフィリピンにおけるスペイン帝国の歴史に関する史料などが収められているそうです。 
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003117j:image

建物内部は、古い建造物がそのまま残っていて、これを見るだけでも価値があります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003127j:image

中にはゴヤの絵画があるという情報を見たのですが、どれだったかは分からず。。。
絵画っぽいものは、この肖像画くらいしかありませんでしたが、これがゴヤの作品なんでしょうか。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003113j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003101j:image

さらに日本の薩摩焼の壺もありました!凄い。
この間、鹿児島に行ったときに、薩摩焼の作品をいくつか見ましたが、これはかなり大きく、豪華な古いものです。スペインの大航海時代に持ち込まれたものなのでしょうか。説明はありましたが、スペイン語のみなので、よく分かりませんでした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003143j:image

伊万里焼もありました。ガラスのケースの中に入っていたので、光が反射してしまいましたが。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200205003105j:image

さらに、大航海時代に、コロンブスヴァスコ・ダ・ガマなどが、どのように世界航海を行ったか、その歴史的な資料や、その当時持ち込まれた調度品、当時の乗組員の日記などが公開されていて、とても興味深い展示会が行われていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200207184355j:image

しかし、この後、大聖堂見学の時間が迫っていましたので、あっさり見学してしまいましたが、時間があれば、ゆっくり見学したかったです。

フラメンコショーの後は、セビリアのフライド・フィッシュを堪能!

フラメンコショーを満喫した後は、またセビリア市内をぶらぶら歩きです。
フラメンコショーの場所からほど近いサンタ・マリア・ブランカ教会に入ってみました。

中に入ると天井の白い装飾がとっても美しい!!圧倒されます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200131183338j:image

それほど大きな教会ではありませんが、素敵な雰囲気のある教会でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183438j:image

柱はアーチ状になっていて、そこにも美しい白い装飾が施されていました。

この日はもう暗くなっていたので、中庭は閉まっていましたが、中庭も素敵なところのようです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183342j:image

白い装飾で埋め尽くされた天井に宗教画がはめ込まれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183431j:image

キリスト誕生の場面を再現したミニチュアの人形、ここにもありました!
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183346j:image

さて、ぶらぶら歩きながら、大聖堂のところまで戻ってきました。

夜のライトアップがされていて、とっても良い雰囲気です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183410j:image

ここは大聖堂の周りの広場ですが、多くの人で賑わっていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183330j:image

昼間見た建物も、夜になると雰囲気が変わりますね。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183358j:image

こちらは今回見られなかったアルカサス。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183435j:image

名残惜しく城壁の外を周ってみます(笑
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183423j:image

大聖堂を離れて、ぶらぶらしていると、ギターの専門店を見つけました。

やはりフラメンコギターの地、質の高いギターがたくさんあるのでしょうか。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183428j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183404j:image

さて、今夜のディナーはこちら。
ディナーというか、ファーストフードなんですが、友達お勧めのフライド・フィッシュのお店です。店頭には、山盛りのポテトチップスが置かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183351j:image

メニューはこちら。海老、イカ、Hakeはメルルーサのこと、スズキ、イワシ、タラなどの魚のフライ、ハムのコロッケなどがあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183323j:image

さっそく入ってみます。
揚げたての魚のフライがカウンター越しに並んでいます。
テイクアウトの場合は、ここで注文して、持ち帰れます。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183401j:image

私たちは店内で食べることにしました。
まずはビール!この地方のローカルビールだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183420j:image

そしてパリパリのクラッカーのようなおつまみ。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183355j:image

ワインは安かったけど、まずかった(笑
とりあえず、パプリカたっぷりのサラダを頂きます。
スペインのパプリカのサラダはとってもフレッシュで美味しい。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183414j:image

フライが運ばれてきました。お皿ではなくて、紙の上にバーっと置かれるだけです。
ファーストフードっぽい。

まずはイカのフライ。これが絶品。
コロッケはちょっと油の臭いが気になりました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131183417j:image

さらにメルルーサと海老のフライが来ましたf:id:S_tabearukirecipe:20200204031015j:image

美味しかったけど、毎日食べるものではないですねー。胃もたれー。。。
でも楽しかったです。

 

セビリア市内歩きとフラメンコショー

闘牛場見学の後は、7時のフラメンコショーまで、セビリア市内のぶらぶら歩きをしながら、時間を潰します。

セビリアは、カディス同様、車が通れないような、とっても細い裏道が多いです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127205802j:image

建物はやっぱり伝統ある感じで趣がありますね。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127205715j:image

近代的なトラムが対照的。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205728j:image

こちらは大聖堂の向かい側にあった建物、セビリア大司教の宮殿です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205851j:image

そして大聖堂入り口、凄い人です!

f:id:S_tabearukirecipe:20200131180415j:image

馬車も待機してます(笑

観光客用です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131180412j:image

この辺りは広場になっていて、人もたくさん集まっています。大聖堂の見学は明日することになっています。チケットはやはり事前にインターネット予約が必要です。
今回、うっかりしていて、大聖堂と並ん一番の見どころであるアルカサルの事前予約を忘れており、結局、セビリア滞在中のチケットは売り切れ。。。残念です。

 

大聖堂から東側に向かい、ユダヤ人今日中地区であったサンタクルス街へ向かいます。

途中、教会も数多くありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205915j:image

教会の壁の色も明るいスペイン!
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205731j:image

ちょっと疲れたのと、小腹が減ったので、カフェで一休みすることにしました。

『Salt & Sugar』という可愛らしいカフェです。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127205734j:image

店内はこんな感じで、ケーキやクッキーが並んでいて、これを選んで、席で食べられます。もちろんテイクアウトもOK。

f:id:S_tabearukirecipe:20200131180731j:image

リンゴのパイとアーモンドのペストリーにしてみました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200131180735j:image

店内のテーブル席は、吹き抜けの空間になっていて、お洒落です。

 

腹ごなしの後は、フラメンコの時間まであと少し。お土産屋さんなどを見ながら時間を潰します。

カラフルなフラメンコで使う扇子!
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205901j:image

フラメンコの衣装!!買いませんが。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131180816j:image

セビリアをイメージさせるポスター。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131180820j:image

可愛らしい小物などもたくさんあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20200131180824j:image

フラメンコショーが行われるお店に向かいます。こういう細い道、私は大好きです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205712j:image

ここです!今夜のフラメンコショーが行われるLa Casa del Flamenco。
ここはインターネットで事前にチケットも買えますが、もちろん窓口でも買えます。
小さなホテルで行われるフラメンコショーということで、友達に教えてもらった場所です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205708j:image

けっこう混んでいますね。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205846j:image

壁にはフラメンコの説明も載っていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205739j:image

場内に入場しました。
舞台が近いっ!!ホール内は、舞台の周りに客席が二重、三重くらいに設置されていますが、それほど客席は多くないです。たぶん70席くらいでしょうか。
その分、間近でフラメンコを見られるのです。
上演中は、撮影は禁止。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205912j:image

こちらは上演後のカーテンコールです。
踊り手は男女二名(左)、歌い手が男女二名(右)、そしてギター奏者が一名です。
ギター演奏も見事、本当に素晴らしかったです。
女性の踊り手は、二回ほど衣装を変えて、一度は裾がとても長いドレスを使って、裾を巻き付けたり、回しながら踊っていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205908j:image

観客の拍手に応えて、アンコール!!
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205742j:image

素晴らしかったです!!

セビリアの闘牛場を見学してきました

3時からの見学ツアー、始まりました。
ツアーは、スペイン語と英語の二か国語を話すガイドさんの説明付きです。

先に闘牛場内の博物館から見学します。
こちらは闘牛の牛のはく製。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127205314j:image

楽隊の衣装。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205516j:image

こちらは闘牛場の模型です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205500j:image

闘牛に使われる剣も数種類展示されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205559j:image

この闘牛場で戦った有名な闘牛士のマタドール服などが飾られています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205536j:image

刺繍などもたくさんあって、豪華な上着です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205539j:image

その他、セビリアの闘牛の歴史や、闘牛の様子を描いた絵や、闘牛にまつわる道具、書籍などが展示されていました。ガイドさんの説明によると、闘牛というのはそもそも貴族たちが軍事訓練の目的で行っていたもので、そのため馬に乗って行われるのが一般的でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205505j:image
ピカドールという槍突きの人が乗る馬たちの納屋。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205528j:image

納屋のある場所は反屋外になっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205457j:image
こちらは馬たちが水を飲む場所。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205518j:image

さらに闘牛場内には、チャペルもありました。
殺される牛のためにお祈りをするのかと思いましたが、闘牛士が自分の身の無事を神に祈るためのものだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205522j:image

アンダルシア地方でよくみかける明るい色のタイル画。聖母マリアと天使が描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205556j:image

さて、闘牛場の中に入場します。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205552j:image

席は石段のようになっていて、固そうです。
チケットはかなり高額でも売り切れるそうです。。。

時計の下のところが闘牛士が出入りする扉だったと思います。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205543j:image

闘牛士が危険な状態になった場合に、この赤い板で囲まれた塀の中に逃げ込むことができるようになっています。とても狭い空間なので、牛が入れないようになっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205451j:image

こちらが王族の貴賓席。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205533j:image

門の装飾が素晴らしかったのでアップで撮影。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127205549j:image

感想としては、闘牛を見たわけではないけれど、やはり牛をみんなで槍で刺して、苦しむ姿を見世物にするというその競技自体には、賛成できません。。
ただ、昔は軍事訓練の目的でされていたということ、そして殺された後の牛の肉は、食用として無駄なく売られることなどを知って、スペインの歴史の一部なんだなー、とは感じました。とはいえ、やはり闘牛自体は廃止してほしいですね。

セビリア市内のTocTocで簡単タパス のランチ

さて、闘牛場観光まで少し時間があるので、サクッとタパスでランチにしたいと思います。たまたま見つけたこちらのタパスレストラン。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124223952j:image

カジュアルな内装で、くつろげます(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20200124223955j:image

メニューはこちら。英語メニューがありました!
Tというのはタパスサイズ。Pだとメインで食べられる大きいサイズという風に選べます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124224032j:image

中は明るい雰囲気。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224036j:image

これはミートボールのタパス。チーズがたっぷりかかっています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224045j:image

これはタルタルサーモンのサラダ!これがめちゃくちゃ美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224040j:image

さらにスロークッキングでじっくり火を通したイベリコ豚とサツマイモのタパス。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124224028j:image

 さくっと食べれて美味しかったです。

さて、いよいよ闘牛場にやってきました。白と黄色が特徴の大きな建物です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174415j:image

ちょっと離れたところからみるとこんな感じです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174409j:image

過去の闘牛ショーのカレンダーが壁一面に飾られていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200127174423j:plain

牛がかわいそう。。。。と思ってしまいますが、それがスペインの伝統ということで。
闘牛ショーを観る気はしませんが、闘牛場の見学ならしてみたい。
f:id:S_tabearukirecipe:20200127174419j:image

これから中に入ります。

セビリアのスペイン広場はとても美しく広かった!

翌日は、朝からセビリアの市内観光に出かけました。
ちょっと曇り空。。

ここは、セビリアのグアダキビル川沿いの運河で、川沿いは散歩道が続いています。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220823j:image

ヤシの木です!やっぱりセビリアは暖かいんですねー。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220907j:image

誰の像だか分かりませんが、鳩の糞だらけに(笑。。。かわいそうに。。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220851j:image

ここは、黄金の塔という川沿いの塔。上に登ることもできるそうです。
この地は、13世紀にはアラブ人によって統治されていたため、当時は外壁全てにタイルが貼られていて、それが黄金に反射して見えたことから、この名前がついたそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220935j:image

この近くの闘牛場を見学するつもりでしたが、観光客がいっぱい。
そこで、3時過ぎに戻ってくる時間予約をして、先にスペイン広場方面に向かうことにしました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220829j:image

スペイン広場がある公園、マリア・ルイサ公園にやってきました。
とっても広くて静かな公園です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220846j:image

そして、静かな公園の向こうに、にわかに観光地っぽい場所があって、観光客用の馬車などもたくさん停まっています。ここがスペイン広場の入り口。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220904j:image

ジャーン!
このスペイン広場は1929年の万博の際に建てられたものだそうです。
半円形の延びる回廊、そしてその周りには運河が作られていて、ボートに乗ることもできます。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220945j:plain


f:id:S_tabearukirecipe:20200124220832j:image

メインの建てもの。この回廊部分には、スペイン各県の紋章と歴史的出来事を描いた絵タイルがはめ込まれています。スペイン広場ということで、ローマのスペイン広場を思い出していましたが、ここセビリアのスペイン広場の方が広くて、とっても美しいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220842j:image

床にはめ込まれたタイル。スペインらしい南ヨーロッパの色遣いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220837j:image

美しい橋。下を走るボートといい、雰囲気満点です。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220901j:image

そうそう、ここはスターウォーズのエピソード2の撮影にも使われたそうですよ。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220857j:image

しばらく見ていても飽きない。写真もたくさん撮りました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220942j:image

回廊の中にも入れます。天井はアラベスク模様。
やっぱりアラブの影響が強く残っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220820j:image

回廊の中。広いです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220939j:image

なんかカッコいい。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124220826j:image
スペイン広場、入場無料でとっても楽しめました。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124220848j:image

 ちなみにこちらは、ローマのスペイン広場です。

s-tabearukirecipe.hatenablog.com

 

セビリアのイタリアンレストラン『Burro Canaglia Bar& Resto』

へレスからセビリアに移動し、すっかり夜になったので、ディナータイムです。
さすがにスペイン料理は飽きたので、今夜は少し変えて、イタリアン!(笑
このレストランはトリップアドバイザーで探してみました。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124214828j:image

予約はしていませんでしたが、まだ時間は早め(といっても8時)なので、席は空いていました。
店内は、ちょっとお洒落なデコレーション!
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214931j:image

緑たっぷりの爽やかな雰囲気です。

f:id:S_tabearukirecipe:20200124214949j:image

前菜は、ブラータチーズとトリュフのサラダ。
ブラータチーズは、イタリアのモッツアレラの中でも、とりわけフレッシュでクリーミーな絶品のチーズ!うーん、美味しい♪
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214821j:image

メインとして、イベリコ豚のステーキ!
普段、ステーキは牛肉という思い込みがありますが、このポークステーキも柔らかくて美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214831j:image

私は、海老のラビオリのトマトソース。これは美味しいけど、まあよくある味。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214834j:image

さらにピザを注文してみました。ピザは楕円形の細長いタイプ。これはカルボナーラピザです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214824j:image

さらにデザートはチョコのクッキーとムース、さらにたっぷりのチョコレートアイス。

あー、お腹いっぱいです。
f:id:S_tabearukirecipe:20200124214840j:image

www.tripadvisor.jp