海外食べ歩きブログ(レシピ付)

海外で出会った美味しいもののレシピやその他の出来事をつづったブログです

パリ近郊の町、シュレンヌのフレンチレストラン、Les petits prince

旅行の回想録は、ちょっと中断して、最近の様子をちょっとお伝えします。

私の住んでいるパリ郊外の町、シュレンヌ(Suresnes)は、パリの西側にあるNeuillyという町からセーヌ川を渡った先にあります。

小さな町ですが、静かで、治安も良いので、住みやすいです。

さて本日は、このシュレンヌにあるミシュラン・ガイドにも名前が載ったことがあるフレンチ・レストランである『Les petits price』に行ってきました。

パリ14区にも同オーナーのお店、『Les petits parisiens』があるそうで、こちらの方はカジュアルビストロということで、シュレンヌのレストランよりも若干、お値段も安いそうです。

店内の様子、こちらは写真を撮り忘れたので、お店のホームページから転載しました。

昼間も明るくていい感じですが、私たちはディナータイムに訪れました。

右側にあるガラス窓からは、キッチンの様子を見ることができ、開放的なイメージです。

f:id:S_tabearukirecipe:20221212231029j:image

さて、アペリティフには、Coteaux du Layonというロワール産の甘口の白ワインをグラスで頂きました。とても飲みやすくて美味しかったです。

さて、今回は、アントレー(前菜)、プラ(メインディッシュ)、デザートのセットで45€のディナーを頂きました。

セットでも、メニューから選択が可能です。

 

こちらは、夫が頼んだ前菜の「カリフラワーのムースと栗とコンテチーズのポーチドエッグ添え」です。美味しそう。

f:id:S_tabearukirecipe:20221212231055j:image

そして私の前菜はこちら。

「海老のグリルとカブとオレンジのサラダ」。

こちらも、さっぱりとした柑橘系のドレッシングが利いていて、美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231058j:image

さて、メインの前に、2杯目のワインを注文しました。

私が選んだのは、こちらのシュナン種を使った辛口のAnjouワイン、銘柄はBlanc Loireというワインを頂きました。すっきりとして飲みやすく、魚のお料理との相性はバッチリです。
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231100j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231103j:image

夫のメインは、こちら。

「ポークフィレ肉のソテー、ニョッキとホウレン草のピュレ」

一口もらいましたが(笑、お肉が柔らかくて美味しかったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231106j:image

こちらは「スズキのスナッケ、レンズ豆とマッシュルーム、バターソース」

このお魚ですが、スナッケというのは、魚の切り身を軽ーく炙ったあまり火を通さない調理法らしいのですが、これが絶品でした。

私は、フランスのフレンチレストランでは、あまり美味しい魚料理を食べたことがなかった(というのも、火が通りすぎていて、パサパサしてしまっていたり、それを補うために生クリームのソースがたっぷりかけられていて、あまり魚の味がしなかったりということが多かったため)ですが、このスズキは、しっとりとした火の通り方で、魚の味もしっかりしていました。ブラボー!!

そしてワインとの相性もバッチリでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20221212231108j:image

さて、メインを満喫したところで、デザートです。

こちらは「栗のケーキ、オレンジクリームとオレンジ添え」

うーん、美味しい。
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231111j:image

そして、夫はこちらの「リンゴのロティ、クランブルとキャラメルクリーム」

このキャラメルクリームも美味しかった。
f:id:S_tabearukirecipe:20221212231114j:image

本当に美味しかった。パリでは、一人45€でこれだけの料理を食べられるところは、そうはないと思います。(シュレンヌはパリ郊外ですが)。

ご馳走様でした。

ストラスブールから30km、オベルネのお店巡り

いろいろ立て込んでいたので、だいぶ更新が滞っていました。。。が、

ストラスブール観光の続きです。

 

この日は朝早くストラスブールを出発して、車で約30分南西に行ったところにあるオベルネという小さな町に立ち寄りました。

アルザスワインのワイナリーがいくつもあるので、ワイナリー巡りの町としても有名ですが、可愛らしいスイーツもたくさんあります。

こちらは、ふらっと立ち寄ったパティスリーで見つけた色とりどりの一口サイズのパン・デピスです。パン・デピス(Pain d'epice)は、バターを使わずに、小麦粉と卵にたっぷりのハチミツとスパイスやドライフルーツなどを混ぜて焼き上げたフランスの一般的なお菓子です。クリスマスシーズンによく出回りますが、お菓子としてだけでなく、フォアグラなどを塗って食べても美味しいのです。

そして、アルザス地方は、このパン・デピスの名産地ということで、様々な違う種類のスパイスやドライフルーツを入れた何種類ものパン・デピスが売られているんです。

通常は、もっと大きいサイズで売られていて、それをお店でカットしてもらったり、自分でカットしたりして食べますが、こちらのものは一口サイズ。さらにいろいろな形があったり、チョコレートでコーティングされていたり、ナッツがのっていたりして、見るだけでも楽しくなってしまいます。ちなみにお値段は100gで4~5€くらいです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909232033j:image

こちらはアルザス地方のブリオッシュ生地のパン、クグロフです。

フランス人は甘いもの好きなので、朝ごはんとしてよく食べられています。
甘さ控えめですが、これにジャムをたっぷり塗って食べたりします。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232040j:image

これはオーストリアリンツが発祥の地と言われているタルトレット・リンツァーというタルト生地にジャムを入れて焼き上げたお菓子です。こちらのタルト生地にも、シナモンなどのスパイスが使われています。

ここでは、小さなパン・デピスを少しとこのタルト・リンツァーをおやつに買いました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232116j:image
アルザスで作られたウイスキーも売っていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232103j:image

こちらはチーズの専門店。

この棚いっぱいに置かれているのは、アルザスのチーズ、マンステール(Munster)です。*フランス語の発音だと、モンスターって聞こえます(笑。

マンステールは、牛乳から作られるウォッシュタイプのチーズで、かなり強いチーズ臭いチーズ(といっても、臭すぎる訳ではありませんが)。強い香りの割には、味はマイルドなので、一度食べたら病みつきになります。

ちなみにアルザス地方のレストランでは、ジャガイモのグラタンにこのチーズをかけたタルティフレットのような料理を食べることができます。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909232109j:image

この日はマルシェもやっていましたが、あいにくの雨模様。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232056j:image

こちらのお店には、アルザス博物館でも見たスフレンハイムのお皿やクグロフ型、ベッコフ用のお鍋などが売られていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232106j:image

市庁舎。雨の中の撮影なので、ぼやけてしまっていますが。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232037j:image
オベルネの大聖堂。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232119j:image
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232047j:image

はじめに紹介したパティスリーの外観の写真を見つけたので、ここに貼っておきます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232050j:image

オベルネの町の様子。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909232059j:image

この後は、リクヴィルという小さな町に向かいます。

ストラスブール観光 アルザス博物館に行ってきました。

ランチの後は、川を渡った向こう側にあるアルザス博物館を訪れることにしました。
アルザス地方特有の木組みの家並みが可愛らしく、絵になります。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231817j:image

ここがアルザス博物館です。

看板が出ていましたが、それほど大きくはなく、普通の建物でした。

こちらでは、パレ・ロハンで購入した美術館・博物館共通チケットを見せて、入場券を発行してもらえたので、お得でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231809j:image

入ってすぐに展示されていたのは、アルザスの家に玄関の飾りでした。
アルザス地方では、玄関の門や窓枠に可愛らしいイラストや文字を書いて飾り付ける習慣があるそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231813j:image

こちらは18世紀のアルザス地方の一般的な家庭が、どのように家を暖めていたかというのを示したイラストです。
陶製のストーブの中で薪を燃やして部屋を暖めると同時に、キッチンの煙やストーブの煙をパイプを使って屋根裏へ送り、スモーク(燻製)を作っていたようです。素晴らしい!
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231826j:image

こちらが陶製のストーブです。デザインが素敵ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231851j:image

博物館の窓からは、ストラスブールの街並みが見えます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231823j:image

こちらは年代物のワードローブです。がっしりとした作りですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231909j:image

こちらはアルザス家庭の一般的なベッド。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231905j:image

当時の居間を再現した展示室には、木製の家具が並んでいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231820j:image

なんとなく温かみを感じる部屋ですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231747j:image

一般的なアルザスの家庭のキッチン。
真ん中にある大きなココットは、ベッコフというアルザス地方の煮込み料理をするために使われる鍋です。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231803j:image

この博物館の良いところは、当時の家を再現した建物の中を歩き回ることができることです。木製の床や廊下なども、とても雰囲気がありました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231758j:image

アルザスの陶器もとても有名です。こちらはベッチドルフ焼きと言われているもの。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231806j:image

そして有名なスフレンハイム焼きなど、たくさんの焼き物が展示されていました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231912j:image

博物館はこのような家を改装して作られています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231844j:image

壁にかかっているポスターには、昔のアルザスの人々の民族衣装が描かれています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231855j:image

こちらが典型的なアルザス地方の女性の民族衣装。

なんといっても頭の上の大きなリボンが特徴的です。ちょっと魔女っぽいような感じもしますよね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231840j:image

アルザスではとても大事にされている赤いクチバシのコウノトリの絵が、赤ちゃん用のベッドの横に掛けられています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231829j:image

アルザスの冬は寒いので、陶製のストーブのある夫婦の寝室の中に赤ちゃん用のベッドも置かれていました。子供が大きくなると、大きなストーブがない子供部屋に移されたそうです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231837j:image
アルザス博物館、アルザス地方の人々の昔の暮らしぶりが学べて、とても面白かったです!!
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231742j:image

ストラスブール観光 パレ・ロハン(ロアン宮殿) その2

装飾博物館を見た後は、ランチブレイクです。
パレ・ロハンの近くを歩いていると、可愛らしいサロン・ド・テがありました。

が、まだランチの時間なので、機会があれば来てみたいです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231535j:image

ちなみにお値段は?

マドレーヌ3つと紅茶のティーポットで19.50€。

マドレーヌ3つは14€。

焼き菓子2切れ 8.80€。

紅茶とおまかせデザートで19.50€。

結構、良いお値段ですね。パリ並みです。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231532j:image

さて、ランチの場所は?

ストラスブールと全然関係ありませんが、香港料理のTsim Sha Tsuiというレストランにしました。こちらがメニューの看板。

というのも昨日のアルザス料理がかなりまだ胃にもたれていたので、何かアジア料理が食べたかったのです。
f:id:S_tabearukirecipe:20220928012820j:image

私はエビワンタンスープ。

これが大正解!!香港で食べるような本格的な味で、すごく美味しかった。

f:id:S_tabearukirecipe:20220928012823j:image

さらにこちらは鴨のチャーシューご飯。これも絶品!

まさかこんなところで、美味しい香港料理に出会えるとはっ!

f:id:S_tabearukirecipe:20220928012829j:image

さて、食後は、美術館へ戻ります。
美術館はそれほど広くはありませんでした。フランドル絵画からルネッサンス、17~19世紀の巨匠の作品も展示されています。

宗教画もたくさんありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231458j:image

ルネッサンス期の作品。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231445j:image

サン・セバスチャン肖像画、イエス肖像画聖母マリア肖像画など。
他のヨーロッパの美術館で度々見かけるおなじみの題材をテーマにした作品が並びます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231541j:image

貴族の肖像画
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231545j:image

こちらはちょっと珍しい。アルザスの貴婦人の肖像画です。帽子の形が印象的です。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231600j:image

後は、静物画など。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231524j:image
昔のストラスブールの街並みが描かれた風景画です。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231538j:image
たくさんの作品がありましたが、一般的な美術館という印象でした。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231502j:image

外に出ると、お天気が復活していました!やったー。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231449j:image

中庭から見たパレ・ロハン。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231505j:image

入口にあるこの看板、そういえばアルザスの貴婦人の肖像画を模ったものだったんですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231512j:image

さて、こちらがストラスブールの大聖堂です。以前に来た時にここは見学したので、今回はパスします。しかも、入口はものすごい行列でした。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231455j:image

アルザスの木組みの家並み、やっぱり絵になるなー。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231517j:image

この辺りは中心地なので、混み合っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231509j:image


f:id:S_tabearukirecipe:20220909231452j:image
これからアルザス博物館へ向かいます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231528j:image

アルザス博物館はこの橋を渡った先にあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231520j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231524j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231532j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231535j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231550j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231554j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231545j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231541j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231538j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231528j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231517j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231505j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231502j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231458j:imagef:id:S_tabearukirecipe:20220909231455j:image

ストラスブール観光 パレ・ロハン(ロアン宮殿)その1

昨日はハイキングでしたが、今日はストラスブール市内にあるパレ・ロハン(宮殿)に行きます。Airbnbから、トラムにのってストラスブール中心地までやってきました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231330j:image

ポン・ロワイヤルという橋を渡ってすぐ見えるのは、サン・ポール教会です。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231309j:image

川沿いに歩きますが、どこを撮っても絵になる~!
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231259j:image

観光客向けのプティ・トランも走っています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231236j:image

途中見かけた建物。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231333j:image

どこを歩いていても絵になる、ストラスブールはそんな素敵な町です!
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231343j:image
パレ・ロハン(ロアン宮殿)にやってきました。お天気があまりよくありませんが、美術館巡りにはちょうど良かったです。

ここは18世紀にストラスブール司教ロアンの宮殿だった優美な建物で、中には3つの博物館があります。1階は、装飾博物館(Musee des Arts Decoratifs)、2階は美術館(Musee des Beaux-Arts)、地下には考古学博物館(Musee Archeologique)があります。

f:id:S_tabearukirecipe:20220927033235j:image

美術館、博物館共通チケットは、3つ以上の美術館を見るならお得ということで、(正確な値段を忘れてしまいましたが)、そちらにしました。今日は、ここの装飾博物館と美術館、さらにアルザス博物館を予定しています。

さて、装飾美術館は、まずこの広いホールから始まります。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231313j:image

司教の住居として使われていたこのホールでは、パーティーなど様々なイベントが催されていたことでしょう。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231250j:image

ここから司教の住居として使われていたそれぞれの部屋を見学します。
こちらはゲームルームです。内装が豪華賢覧で、雰囲気はヴェルサイユ宮殿を彷彿させます。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231302j:image

こちらは司教の寝室です。なぜか前にライオンのはく製が。。。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231336j:image

当時のベッドは、現在のように全身で横たわるのではなく、腰から上は半分起きた形で寝ていたので、このように小さくできています。横たわるのは死者と同じなので、縁起が悪かったそうです。
壁一面にはタペストリーが飾られています。城内は広くて寒いので、タペストリーを張り巡らすことで、少しでも暖房効果があったとか。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231347j:image

こちらは会議を行った大テーブル。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231340j:image

本棚の中には、当時の文献が残されています。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231306j:image

こちらがストラスブール大司教肖像画です(名前は忘れました)。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231246j:image

他にもいくつも豪華な部屋がありました。

さらに、ここからは17世紀から19世紀にかけての陶磁器、金細工などのコレクションが展示されています。こちらの鴨や鳥の陶器は、煮込み料理を入れる器でした。

下の段には、キャベツやカリフラワーの形をした陶器もあります。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231229j:image

こちらはイノシシの頭。この器の中に料理が盛られていて、果たして美味しそうに感じるのかどうかは甚だ疑問ですが(笑。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231255j:image

こちらは小さな陶器で作られた音楽隊。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231327j:image

当時の人々の服装や暮らしぶりがわかる陶磁器の人形の展示も興味深いですね。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231242j:image

こんな素敵なお皿のセット、うちにも欲しいなー。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231233j:image

こちらの黒い棚は、東洋から持ち込まれたもので、黒漆に金細工が施されたとても高価なものだそうです。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231320j:image

こちらは当時の人々が使っていた陶器の暖房システムで、この中でお湯を沸かして、陶器全体を温め、その熱で部屋の暖房を行っていたというものです。とはいえ、この広大な城を温めるというには、かなり役不足に思われますが。ないよりはマシだったのではないでしょうか。
f:id:S_tabearukirecipe:20220909231239j:image

さて、続いては2階の美術館へ進みます。

ストラスブール近郊でハイキング

ストラスブール1日目は、良いお天気ということもありハイキングになりました。

ストラスブールから西に約20kmほどいったところにErnolsheim-Brucheという小さな小さな町があります。そこが今回のハイキングの出発地点です。

小さな教会がありました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210337j:image

昔の井戸の跡にも、花壇があって可愛らしい。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210408j:image

この辺りは、アルザスワインの製造農家もあるので、道を歩いているとワイナリーの看板が出くわします。この日も1件、飛び込みで聞いてみましたが、残念ながら、ちょうどワイナリーの方がお昼ご飯の最中ということで試飲はあきらめました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210346j:image

町を出てワイン畑のほうにやってきました。アルザスのワイン畑は広大ですね。

途中、作業していた方に話を聞くと、この辺りではいろいろなブドウ品種を育てているそうで、ここは主に白ワインのピノ・グリとピノ・ブロンが栽培されていました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210432j:image

皮が黒いブドウは赤ワイン品種のピノ・ノワールです。しっかりブドウの実がなっていて、収穫までは後1、2週間とのことでした(私たちが訪れた時期は8月中旬です)。
ちょっと食べさせてもらったら、ブドウとして食べてもそこそこイケる味でした。もちろんワインにした方が断然美味しくなるはず(笑

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210350j:image

さて、ワイン畑から川沿いにやってきました。静かでのんびりしたハイキングにはピッタリのコースです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210340j:image

こちらは宿泊とレストラン兼のオーベルジュです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210428j:image

なかなか風情がありますね。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210414j:image

古い建物も残っています。ここは一般道で、この道が川沿いのコースに繋がっています。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231131j:image

川沿いのコース。とっても静かでのんびり歩けました。サイクリングをしている人もたくさんいました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220909231127j:image

この川は昔は、運河として流通のために使われていたのですが、道路が発達して、電車や車が走るようになって、廃れてしまったそうです。小さなダムは、水を堰き止めて、川の水位を調節するためのものです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220925190114j:image

川の途中で、小さなレストランを発見。サイクリストとハイキングの人専i用らしいです。残念ながら、この日は火曜日で、定休日でした。

f:id:S_tabearukirecipe:20220925190119j:image

とっても静かな良いところでした。

f:id:S_tabearukirecipe:20220925190122j:image

夏のバカンス、ストラスブール、ドイツ紀行 

今回、8/14~9/3まで、フランス東部の街、ストラスブールからドイツの黒い森といわれるバーバリア地方、そしてザルツブルグ、終点のプラハまでを車で旅行してきましたので、その旅行の記録です。

 

まずは、初日、パリからストラスブールまで、車で約6時間の移動です。
ストラスブールまであと1時間というところで、本日予約していたAirbnbのホストから、私たちが止まる予定だったアパートの鍵と携帯を同時に失くしてしまったので、予約をキャンセルさせていただきます、というメールが入りました。ガーン、、汗)

どうしようー。
今まで、Airbnbは何度も利用してきましたが、こんなことは初めてです。
とりあえず、Airbnbの本社?のサービスセンターみたいなところに電話すると、もちろんこのAirbnb3泊分の返金はしてもらえるとのこと。さらに、今夜キャンセルになってしまった宿泊代の20%の宿泊費は補填してもらえるとのことでした。

ということで、急きょ空いているホテルを探します。
夏休みということもあり、なかなか空いているところがありません。
あっても、1泊300€とか。このままパリに帰ろうか?などと思っていたところ、今夜1泊だけ、市内のホテル170€で2部屋というのが見つかりました。ちょっと高いけれど、Airbnbから少しは補填してもらえるので、そこに泊まることにしました。
ちなみに、Appart'City Strasbourg Centreというアパートホテルです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220914003218j:image

チェックインして荷物を下ろし、ようやくほっと一息。
さらに明日からのAirbnbの宿泊先も確保できました。良かった。。。

 

さっそく夕食を食べに出かけます。

ストラスブールの美しい街並みです。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210354j:image

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210333j:image

今夜のレストランは、ストラスブールの中心地、大聖堂のそばにある『Zuem Strissel』という地元アルザス料理のお店です。

f:id:S_tabearukirecipe:20220914003228j:image

夏でも夜になるとちょっと肌寒いのですが、やはり開放的なテラス席が良いということで、外席にしました。

f:id:S_tabearukirecipe:20220907210418j:image

メニューはこちら。
f:id:S_tabearukirecipe:20220907210344j:image

ちなみにこちらは、アルザス名物、フラムキッシュ(フラムクーヘ)といって、薄焼きのピザ生地にベーコン、玉ねぎのクリームソースをのせて焼いたものです。
ちなみにMunsterという独特の臭いのあるアルザスのチーズがのっています。

あ、ちなみに写真撮り忘れましたが、グヴェルツトラミネールというアルザスのワインを頂きました。
f:id:S_tabearukirecipe:20220907210425j:image

そして、こちらはメニューの3品目、ビベレスカスと読むのかな?
ソテーしたジャガイモ、生ハム、そしてMunsterチーズをクリーミーなチーズとニンニクのソースでいただきます。かなりガッツリと重め。
f:id:S_tabearukirecipe:20220907210421j:image

そしてもう1品、ベッコフというアルザス名物の煮込み料理です。
三種類のお肉とジャガイモと玉ねぎなどをリースリングワインでじっくり煮込んだものです。その昔、アルザスのお母さんたちは、ストーブにこの料理を仕込み、一日中外に出て洗濯をしたり、野良仕事をして、帰ってくるとベッコフが出来上がっている状態にしていたそうです。こちらもすごいボリューム。。。

味は、ちょっと塩気が強かったです。
f:id:S_tabearukirecipe:20220907210357j:image

お腹いっぱいです。ご馳走様でした~。